FC2ブログ

Gernika

マドリッド2日目。

ホテルはビュッフェ・スタイルの朝食です。

さすがはスペイン。
スイスにはなかったサラダが、しっかりありました♪

フィレンツェに行った時も思ったのですが、欧米の人って、朝食にケーキやデザートのような甘い物を食べるんですね。
スペインでも、ケーキに、ドーナッツに、マフィンに、クレマ・カタラーナ(クリーム・ブリュレみたいなの)なんかがずらっと並んでいて、男性でも朝から甘い物食べてます。(@_@。


さて、今日はまず地下鉄に乗って、明日のツアーの集合場所、Atocha駅を確認しに行きました。

ホテルの真ん前の地下鉄駅から、Atochaまでは地下鉄で3つ。
     
     マドリッドの地下鉄は怖いのかも。。

でも、パリやアムステルダムの地下鉄より、ず~っと新しくて綺麗です。
券売機もピカピカで、ちゃんと英語やフランス語表示も選べます。
必ず駅員さんがいます。

2人でシェアできる、10回券を買って、乗ってみました。
確かに路線によっては混むけれど、本数も多いし、よく見ると大きなトランクを持った旅行者がいっぱいいます。

      危なくないの・・・かも・・・(@_@。


ターミナル駅のAtochaは、新幹線AVEも発着する大きな駅です。

でも、駅の中はまるで植物園。。
乾燥したマドリッドの街中で、ここだけは常に植物に霧状の水をかけているので、空気も柔らかい気がします。
電車に乗らない人々も、ベンチに座って寛いでました。

明日の待ち合わせ場所は、この駅中の「荷物の像」。

うっかりしていたのですが、スペイン語でなんて言うのか聞いておかなかったんです。

     「荷物の像」って、「荷物」 の 「像」 よね?

そんな物、あるんだろうか??

全く想像がつかず、広い駅構内をぐるぐる歩いてみましたが、それらしき「像」は見当たらず。。

Informationで旦那様がスペイン語直訳で聞いてみました。

あんまり愛想の良くないお姉さん。
「あっちよ」・・・とばかりに首を傾けて指し示してくれました。

またぐるぐるその方向を探して、外まで見に行ったけど、やっぱり・・・ない。

もう疲れちゃったので、ちょっとベンチに腰かけようとしたら・・・

     あった!

それは正しく「荷物」の「像」でした。
旅行鞄や、ステッキ、帽子なんかのブロンズ像でできています。
でも小さくて目立たない。。

これで、明日からのツアーは大丈夫です。

     dog 明日は、地下鉄で来よう。

     白猫 えぇ~(@_@。!!

確かに、昨日のタクシーのことを思うと、たった3駅、しかも€1弱で来れるなら、地下鉄の方が断然便利です。
まだ、スペイン危険説にとりつかれていた私は、かなりドキドキ。。

jumee☆ でも実際は、マドリッドもバルセロナも、普通に危険で、普通に安全でした。
空港から市内への地下鉄も大丈夫ですが、やはり深夜や早朝の人気のない時は、止めた方が賢明かもしれません。

あと、マドリッドもバルセロナも、地下鉄の駅にはエスカレーターの無い所が多いです。
改札まではあっても、乗り場までは結構階段が多かったので、重いトランクを持っての上り下りになります。

えっ?私?
旦那様が、両手に二つトランク抱えて上り下りしてくれました(^_^.)。
(旦那様、鍛えるの好きなもので。。) jumee☆


Atocha駅の周りには、公園や美術館なんかがあります。
有名なプラド美術館と国立ソフィア王妃芸術センターもすぐ側です。

     どっちに行くか。。。

プラド美術館のベラスケス作「ラス・メニーナス(官女たち)」も観たいけれど、やっぱりやっぱり・・・

     ピカソのゲルニカが観たい。。

ということで、Atocha駅のすぐ側の国立ソフィア王妃芸術センターへ行くことにしました。

この芸術センターも、プラド美術館も、土曜の午後と日曜日は入館無料だそうです。
ということは、ちょっとあの絵画だけ観たいっていうこともできるんですね。
もう少し時間があれば、プラド美術館にも行きたかった。。

でも、美術館ってどこも広いし、お目当ての絵画を見つけるのが一苦労。
芸術センターは、新館と旧館があって、以前は病院だった旧館は趣のある建物です。
中庭も素敵。
青空の元で、ついのんびり日向ぼっこをしたくなります。

ゲルニカのある展示階は、スペイン内戦時の実写真や、フィルムなんかも上映されていて、ピカソのゲルニカ作成時の写真や、細部の習作等もあります。

ゲルニカは、広く白いスペースに、ど~んと飾ってありました。

たくさんの人だかりです。
ある程度離れていないと、両サイドに立っている館員の方に注意されるようです。

以前日本で、ピカソ展か何かで、ゲルニカの複製を観たことがありました。
今本物を目の前にしていると思うと、感動です。

ピカソが、ナチスのゲルニカ攻撃に怒って、2か月で作成したというこの巨大な絵。

いつも思うことだけれど、なぜ未だに戦争は無くならないのでしょうね。
ふと、イラクへの空爆が頭をよぎりました。

皆さんもいろんな思いがよぎるのか、無言で絵に見入っている人がいっぱいいました。
不思議な絵です。

いつもの冷蔵庫用マグネット、このゲルニカにしました。

こちらの美術館は、現代美術ということで、ミロとかダリもありました。
ミロもダリも、ちょっと先を行き過ぎていて、私にはあまりよくわからないのが、残念です。。



大作を見終えて、お腹が空きました。。
お目当てのレストランもあったのですが、美術館近くのBar(バル)がとても賑わっていたので、入ってみることに。

でも・・・あまりにうるさすぎました。。(@_@。

ふと見ると皆さんカラマリ(イカ・リング)のサンドイッチを食べています。
もうお腹も空き過ぎてるので、サンドイッチを買って、外で食べることにしました。
旦那様はお肉の挟まった大きなサンドイッチに、目が止まります。。

しかし・・・また・・・です。。

お店の方・・・完全無視。。

私達がまるで存在しないかのように、無視されるのって、あまりいい気持ちしません。
たぶん「東洋人だ。言葉通じないぞ」って思うんでしょうね。
日本でも欧米人のお客さんは無視されたりするようなので、同じことかもしれません。

旦那様がスペイン語で注文して、なんとかお昼ご飯を買えました。

このサンドイッチがまた、すご~く大きくて、これだけでもう十分。。

jumee☆スペインの文化Barですが、飲まない我が家にはちょっと慣れない場所でした。
とにかく騒々しくて、目が回りそうでしたし。。
あまりお値段もお手頃ではなかったので、この後Barに入ることはありませんでした。jumee☆


お天気が良かったので、今度は地下鉄で王宮まで行き、王宮前の公園でたっぷり日光浴。
御覧下さい。この青空!

blue sky
オランダに持って帰りたい物No.1.。


その後は目抜き通りのGran Viaへ行ってみました。
日曜日なので、いわゆるブランド物のお店は、残念ながらclose。
でもこの通りには、映画館がいっぱいあって、地元の人で混雑してました。


スペインは、お昼休みが14時から17時。
Lunch timeも13時半から15時半。

その間お休みのお店もあって、再度17時頃からOpenし、22時近くまで開いています。(@_@。
18時にはお店が閉まるオランダに慣れた私達には、久しぶりの夜遊び感覚。。
あちこちのお店を覗いたり、食材屋さんで目を輝かせたり。。

でも、やっぱりお昼のサンドイッチが効いて、夕食は食べられませんでした。


さて、いよいよ明日から、ツアーに参加してアンダルシアへ向かいます。


   スペインは青空いっぱいだったけど、オランダの時々覗く青空の方が、感動する気がするの。。  Pome2

No title

スペイン良いですよね~
私はアンダルシア地方しか
行ったことがないので
マドリッドとバルセロナは
絶対行ってみたい場所なんですよ~
スペイン危険説…
私もかなり最初は緊張しましたが
必要最低限だけ気をつけてれば大丈夫でした♪
アンダルシア地方は田舎だから
人も親切でよかったです!!
また行きたい!

miffyさんへ

コメント、ありがとうございます(*^_^*)

miffyさんもスペイン行かれたんですね(*^_^*)。
本当に、思っていた以上に良かったです!
アンダルシアは、ざっと巡った感じなので、ゆっくり行きたかったなぁと思いました。
私もまた行きたいです♪
Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム