FC2ブログ

乾いた大地 Madrid

オランダからスペインまでは、飛行機で2時間弱。

前日12時過ぎまでお仕事だった旦那様。
それを待っていた私。
二人揃って寝不足気味で、KLMに乗りました。


マドリッドのバラハス空港を空から見下ろすと、なんとも乾燥した大地が広がっていました。
運河に彩られたオランダからだと、ひときわそう感じるのかもしれません。
砂漠とまでは言わないけれど、さらさらの砂地の中に、ぽつんぽつんと生えている木々。
ちょっと赤っぽい土。
ちょっと、アメリカ西部を思い出してしまいました。

そうして太陽と青空!!
オランダから来た身には、太陽の眩しさと、青空の清々しさが、とてもとてもありがたく感じました。


空港から市内へは、地下鉄も開通したそうなのですが、ここは

     危険なスペイン!

セオリー通り、タクシーで向かうことに。

でも、タクシーもぼったくり等あまりいいお話は聞かないので、インターネットで見つけた、スペイン語で書かれた料金一覧表を握りしめ、気を引き締めてタクシー乗り場へ。。

タクシー乗り場には、警官がちゃんと立っていました。

     やっぱり、危ないのね(@_@。

乗る前には、必ず料金確認を。
空港発着と、大きな荷物をトランクに入れると、別途追加料金がかかります。
大体空港から市内までは€25。

それから、スペインのタクシーは、英語が通じません。がーん

ここで旦那様、いよいよ勉強していたスペイン語の実地です!!

jumee☆ 実は旦那様、日本にいた時に、趣味でスペイン語勉強していたんです。
特別休暇にスペインを選んだのも、この為でした。
でも、仕事で必要な英語に押され、はたまた突然の転勤があったりで、この1年は全くスペイン語を勉強していません。
とうなることやら。。。jumee☆


トランクに荷物を入れ、金額を確認し、ホテルの住所を伝えて、ほっと一息。
高速道路をぎゅ~んと走ります。
走り出したら、メーターがちゃんと動いているかチェック!

行けども行けども、雲ひとつない青空です!!!
なんて、気持ちいいのかしら~♪笑い。


市内に入ると、車が増えて道路も混み込み。。
無口な運転手さんが、時々「XXX!!」とどなるので、

     なに?なに?私達に言ってるの?kao05

・・・と、ドキドキする私。

単に周りの車にどなっていただけでした。。

そのうち、大通りから細い路地に入ったところで、全く動かなくなってしまいました。。
前も後ろも、その前もその後ろも、皆タクシーです。
どうやら、タクシーの抜け道のようなのですが、数珠つなぎのタクシーで、動かないんじゃ抜け道じゃないじゃん。。

そうこうする内に、乗る前に言っていた金額€25を超えてしまいました。

      大丈夫だろうか。。(@_@。

運転手さんがまた「XXX]。

      dog 今日は混んでいて、だめだって。

その後運転手さんが言うことには、「この通りは左折できないし、ホテルはここを左折して2ブロック程行った先だから、ここで降りた方がいい」とのこと。
結局€31払って、道の真ん中に大きなトランクと共に降ろされちゃいました。。

2ブロックって言っても、すごい人だし、道狭いし、何よりも、ここは・・・ここは・・・

     危険なスペイン!!

大きなトランク持って歩いてたら、拉致されちゃうんじゃないの!?がーん

石畳の歩道はトランクがうまく転がりません。
右往左往する人々をかき分けかき分け、必死に歩きました。
オランダ仕様の格好で、汗だく。。

着いたホテルは、繁華街のど真ん中。
今回ツアーの5日間以外は、自己手配。
マドリッドのホテルも、便利のいい所にしたのです。
それにしても、こんな繁華街のど真ん中とは、思いもせず。。

お部屋は何故か3人部屋。
ベッドが3つもありますが、床にトランクを広げるスペースが無い為、ベッドひとつを荷物置き場に。
とにかく暑くて暑くて、窓を開けると、繁華街の騒音。。
一応防音窓になっているらしい。
バスルームは広くて、必須のバスタブも完備。(ちゃんとリクエストしました。)
スペインは三ツ星ホテルのお値段も手ごろです。

お腹も空き切ってましたので、着替えて、貴重品は全部セーフティー・ボックスに入れ、手ぶら作戦実行です。
歩いていた時に見つけた、「Museo del Jamon (ハムの博物館)」へ行ってお昼を食べることにしました。

このMuseo del Jamon、すごいです。。kao05
お店の中全部に、生ハムがぶら下がっています。
そう、豚の太ももがずら~っと。。

1FはBar(バル)とお肉屋さん。
2Fはレストランです。

Barだと落ち着かないので、2Fへ行ってみると、土曜日のせいか混み込み。
メニューには、やはり生ハム。
定食は前菜・メイン・デザート・ミネラルウォーターで€8ちょっと。

     安い(@_@。

お隣の男性は、パエリア(前菜)・お魚(メイン)・デザートにワインと、あんなに食べて大丈夫なの?というぐらい召し上がっています。。(@_@。

我が家は単品でパエリアと生ハムの盛り合わせと、鶏肉のグリル、ドリンクを頼み、全部で€19。
オランダで€19では、こんなに食べられないかも。。
味は・・・まぁまぁかな。

お腹がいっぱいになったので、マヨール広場・市庁舎・大聖堂等を見ながら、王宮の方へ歩いて行くことにしました。

Plaza Mayor
こちらはマヨール広場。
四方をレストランが軒を連ねています。


もう日暮れで、王宮に着いた頃には、夕日で王宮が金色に輝いていました。

Palacio Real



さすがにオランダと比べたら、日暮でもまだそれ程寒くありません。
でも、街中のカフェのテラス席には、屋外ストーブが。。

ひときわ混み合っているお店を発見。
マドリッドで知らない人はいないと言われる、チュロス専門店「Chocolateria San Gines」でした。
ここではチュロスをホット・チョコレートに浸して食べると聞き、ホット・チョコレート大好きな私は、渋る旦那様(お腹がいっぱいだったので・・・)を引っ張って、お店に並びました。

先にお会計をして、カウンターで受け取るのですが、とにかく混んでいて、私がレシートを見せても完全無視。。
旦那様がスペイン語で、「チュロスとホット・チョコレートをひとつ!」と叫んでくれて、やっとこっちを向いてくれました。
テーブル席もあったんですけれど、混み込みで座れそうになかったです。

さて、やってきたのは、長いチュロスが5本に、カップにたっぷり入ったチョコレート。
一口飲んだら・・・

     なんて、美味しいの!!\(◎o◎)/!

ホット・チョコレートと言うよりは、溶かした濃厚チョコレート。
でも、全然甘すぎなくて、とっても美味♪

これに、揚げたてチュロスを浸すと・・・

     なんて、なんて、美味しいの!!!\(◎o◎)/!\(◎o◎)/!

チュロスには粉砂糖はかかっていなくて、カリカリ揚げたて。
この甘くないチュロスと、ちょうどいいチョコレートのハーモニー。。

私、マドリッド住んでいたら、日参しちゃいそう。。


とっぷり日も暮れたし、ちょっと疲れたし、ホテルに帰って休むことにしました。

えっ?夕食はって?

お昼がすごかったので、とても入る余地無しです。
(チョコ・チュロは入ったけどね(*^_^*)。)


ホテルに戻ると、ガンガンに暖房が入っていました。
普段寒いオランダで、暖房無しで生活しているのに慣れてるせいか、暑くて暑くて。。
暖房Offしても、十分暖かかったです。


こうして、第1日目は暮れて行きました。。


     チョコ・チュロ僕も食べたいな。。  pome4   

No title

危険なスペインを歩くドキドキ感が伝わってきました。
ホットチョコレートおいしそうですね。甘過ぎなくて美味っていうのが魅力的ですね。なるほど、チュロスをつけて食べるんだ。いいなあ。

yuminyagoさんへ

久しぶりに、緊張感のある旅行になりました。。(^_^.)

チョコ・チュロは、本当にお薦めです!
バルセロナでも何度か食べたのですが、マドリッドのこの専門店がやっぱり一番でした。
Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム