FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大連 その2 車事情。。

飛行機も、新しい機材はかなりハイテクになっています。
何度かトラブルに見舞われているボーイング787には、大連便を含めて、3度乗ったことがあります。
印象は、「軽い」。



内装が明るく白っぽいせいか、テーブルが薄いせいか、余計な物が無いせいか、なんとなく、全体的に「薄い・軽い」という印象があります。
オーディオ機器は、タッチパネルでも操作できます。
窓は、日除けを下すのではなく、サングラスの様に、段階的にシールドが濃くなって、暗くできます。
凄いなぁ。。


そんなこんなで、あっという間に大連に到着。
入国カードを書きながら、個人情報を進んで中国に渡している気分。。(^^;)
(あ、でも中国に返還されてからの香港にも行ったし、そこから深センにも行ったんだった。。)

入国審査官は、ニコリともしないのですが、係官の仕事に満足したかどうか、☺マークボタンで評価する様になっていました。
これ、銀行でもありました。
対外的に改善する為の、苦肉の策なんだろうか?
一応、「満足」を押しておきましたけどね。(*'▽')

空港でしないとならないのが、両替。
銀行でも偽札が出回っているという中国ですから、ちょっと心配。。
空港には、立派なカウンターのある中国工商銀行(だったかな)と、一坪カウンターのような中国銀行の二つがありました。

一坪カウンターには、大柄な強面のおじ様が一人、狭そうに座っていました。
ガイドブックには、中国銀行で・・・とあったので、こちらで両替しました。
両替すると、ピシッとした新札をくれました。
レシートを受取るのを忘れかけたら、「Sir!(お客様!)」とおじ様に呼び止められちゃいました(^^;)。
「謝謝」と頭を下げると、強面のおじ様がニッコリと笑ってくれました。(日本人だなぁと思われたのかも。。)

入国の税関検査には、荷物のX線検査がありました。
爆買いの中国人の乗客達は、個数も大きさもあって、結構時間がかかっていました。


大連から市内までは、車で20分程度。
空港バス、タクシー、路線バスとありましたが、ちょっと心配でしたので、ホテルまで直行できる、タクシーにしました。
建物を出て、タクシー乗り場に向かうと、白タクの勧誘が「タクシー?タクシー?」と寄って来るので、無視。。

少し離れた所にあるタクシー乗り場には、ちゃんと身分証明書を下げた係官がいて、許可のあるタクシーに誘導してくれます。
ホテルの名前と住所を見せると、運転手さんに行先を告げてくれました。
英語はあまり通じないのですが、「How much?」と聞いてみると、「0」になっているタクシーのメーターを指さしてくれました。
荷物は、旦那様が自分で!トランクへ入れました。。

さてさて、ここから大連市内まで、ジェットコースターの様な、ドライブの始まりです!( ゚Д゚)

まず、シートベルトが無い!
日本だと、後部座席もシートベルト着用が普通になっていますから、シートベルトが無いというのは、なんだか落ち着きません。。
運転席にはシートベルトがありますが、運転手さんはしていません。。( ゚Д゚)

エアコンが無い!
我が家もあまり車でエアコンはしない方ですが、この日の大連は、25℃ぐらいあって、暑い。。
車は、前も後ろも、窓が全開です。
高速道路を走るので、結構なスピードを出します。
なので、全開した窓から、乾燥した埃っぽい風が、これでもかと吹き荒れました。。
     ・・・マスク必須です。。

いやはや、運転の荒いこと荒いこと。。
シートベルト無しで、右へ左へと揺れる揺れる。。
右から左から、交通ルール無視?で、車が入り乱れています。。

Dalian1
これは、大連市内での写真ですが、どこもこんな感じ。。
これはまだマシな方です。。

旦那様の会社の中国駐在者は、車の運転はご法度。
東南アジアでも、そういう国は多いです。

怖いよぉ・・・と言いつつ、無事ホテルまで到着しました。
お代はぴったり20元。
     ・・・おお!ガイドブック通りだ。
運転手さん、ニコリともせず。。( ゚Д゚)

ちなみに、帰りのタクシーでは、若い運転手さんだったので、エアコンは入れてくれました。
でも、荷物を入れたら、車のトランクが閉まらず、空港まで開いたまま走りました。。
途中で荷物が落ちないかしらと、後ろばかり見てました。。(^^;)

帰りのタクシーは、到着時は19元ぐらいだったのですが、メーターを止めないので、お金を払うまでにメーターが上がってしまい、20.5元ぐらいになっちゃいました。
お釣りは要らないよ、と気前良く?しようと思ったのに、足りなくなっちゃいました。。
0.5元って、5角って単位になるそうなのですが、あまり流通していないそうです。
なので、問題無かったんですけれどね。。(^^;)


ついでなので、大連の車事情について、少し。。

皆さん、良い車に乗ってましたよ。
大きい外国車をよく見かけました。(泥だらけの車が多かったけど。。)

現地ツアーのガイドさんも、日本車の良い車に乗っていました。
車は高いそうです。
田舎に行くと、安い中国車に乗っているとか。。

エアコンも、機能はあるけど、つけない人が多いんですって。
特にタクシーは、ガソリンを節約する為に、お客さんがいない時はつけないそうです。

お客さんが一人でも、助手席に乗って、道を指示しているタクシーをよく見かけました。
日本は、助手席って、人数が多い時しか乗りませんね。

運転しながらのスマホは、罰則が無いみたいです。
皆してたし、ガイドさんも、何度も何度も電話が掛かって来てましたもん。。
ちなみに、中国のスマホは、小米(シャオミイ)が主流になって来ています。
小米を私が知っていたら、ガイドさん「どうして知ってるんですか?」って、嬉しそうでした。(*'▽')
バンコクでは、サムスン持ってる人が多かったな。。

高級車にスマホは良いけれど、交通ルールが、もうちょっとなんとかならないかな。。
右折・左折も、スピード落とさず突っ込んで来るし、歩行者も信号守らないし、路面電車は、左右を車がガンガン走る、道の真ん中で乗り降りするし。。
長く住んでいたら、慣れるのかな。。
でも、その前に事故に遭いそう。。

中国では、無謀な運転をする人が増えて、それに伴った喧嘩が多いそうです。
大連に行く前に、ちょうどテレビニュースで見たんですが、怒った運転手が、相手を車から引きずり降ろして、殴る蹴るの暴行。。
相手が女性でもお構いなしに、頭ばかりを蹴っていたので、びっくりしました。。

経済成長も大事だけれど、やっぱり秩序と規律が大事だと思います。。
でも、何があっても、中国の人達は、逞しく生き抜いて行きそう。。(^^;)

あ、そうそう、ガイドさん曰く、運転免許の取得は、ペーパーテストのみ。
運転技術の実践は、各自で・・・なんですって!( ゚Д゚)

つづく🐧
Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。