FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100年前の歴史を巡る旅。。

九州南部の大雨、大変そうですね。。
箱根も噴火してしまいました。
富士山のガス抜きなら良いのですが。。

そして、いよいよ7月です。。
最近は心配になることばかり起こりますが、それでも希望を持って生きて行きたいです。



貯まったマイレージの有効期限が迫り、飛行機のチケットに変えることにしました。
ところが。。

国内便は、使える期間が短くて、無理。。
海外便は、中国か韓国のみ。。

     これって、罰ゲーム??( ゚Д゚)

台湾なら良かったのに。。
・・・というか、マイレージの有効期限を延長する為に、去年の秋に台湾に行ったんです。
でも、何故かその分はカウントできないと言われ、急遽マイレージを使い切らなくてはならなくなったんですけれど。。

悩みに悩んだ末、中国「大連」に行くことにしました。
戦後70年の今年、中国行きのチケットが手に入り、「大連」がリストにあったのは、やっぱり偶然では無いのかな・・・と思ったのです。
上海でも北京でも無く、「大連」なら行きたい!と思ったのも、不思議です。。
経済的にも、安保的にも、今の中国を見ておくには、最後の機会かもしれないとも思いました。

南シナ海の問題が過熱して来た昨今、中国に行っている間に、日米と中国が衝突したら帰って来れないかも・・・なんて、行く前にはいろいろ考えてしまいました。
だから、戦時下となった時に、海外の日本人を救出して帰国できる様、集団的自衛権は必要なのです。。

ちょうど韓国のMERSが猛威を奮っていたこともあり、高機能マスクを買おうか・・・と思ったり。。
ちなみに、中国でSERSが大流行した時、中国駐在の日本人は、ほとんど罹患しなかったそうです。
うがい、手洗いの慣行が功を奏したと、当時中国に駐在していた、会社の人事の方が話しておりました。

大連は、歴史的にも、日本と繋がりの深い場所です。
反日デモの時も、中国東北地方では、あまりデモは行われなかったと聞いています。
現代でも、あの薄熙来氏が市長を務めていた際、日本企業の誘致に熱心だった為、郊外の開発区には、たくさんの日本企業が進出しています。

地図で見ると、北朝鮮との国境まで本当に近い。。
実際、国境まで高速道路で3時間だそうで、ツアーもありました。

個人旅行だったので、大連から、現地ツアーで旅順口に行ってみることにしました。
まさに、日露戦争の激戦地。。
旅順口は、現在でも、瀋陽軍区の軍港です。
外国人に公開されるようになったのは最近の事だそうで、港には潜水艦が沈んでいました。
歴史と共に、観光地での中国のプロパガンダについても、目にすることができました。

テレビでは、国営のCCTV(中国中央電視台)の国防チャンネルや歴史チャンネルを見ることができました。
安倍首相を「安倍、安倍」と呼び捨てにして、朝日新聞の世論調査を元に、安倍内閣支持率がクラッシュ!と報道していましたし、歴史チャンネルでは、日清戦争や日本の海軍江田島兵学校についての特集が流れていました。

そして、沖縄の基地反対運動も、大きく取り上げていました。
画面に何度も出てきた、反対運動の年輩の男性。
CCTVのインタビューに、日本語で答えました。
たぶん、中国人から見たら、日本人に見えたことでしょう。
でも、「・・・するの事を・・・」なんて日本語、日本人は使いません。
思わず、「この人、日本人じゃない!」と叫んでしまいました。。
やっぱり、沖縄の基地反対運動には、中国が加担しているんだと、目の前に突き付けられた気分でした。

以前バンコクで、NHKワールドを見たとき、続いた二つの30分番組が、どちらも韓国の内容だったのも、衝撃でしたけれど。。
NHKワールドが反日なのは、ネットでは有名な話ですが、日本にいてはわからないことが、やはりありますね。

上海株価が急降下していますが、大連の街にも、中国経済の衰退の影がありました。
新築の豪勢な建物が、軒並み空き家だったり、ゴーストタウンのような商店街があったり。。
それでも、高層ビルをどんどん建てていました。。
本当に、この国は大丈夫なんだろうか?

     大丈夫じゃないんじゃない?

と、旦那様。。

中国のバブル崩壊が表に出るのは、時間の問題と言われていますが、その時、日本との関係がどうなるのか。。
いろいろ考えさせられた旅でした。

つづく
Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。