FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ASIMO君の手話。。

急に寒くなりました。
今朝は10℃以下。。

久しぶりに、愛用の腹巻きをしましたよ。
オランダでは、7月の数日を除いて、いつもしていたんですけれど。。(^_^.)



ホンダの人型ロボット、ASIMO君。
改良されて、走るのも早くなり、片足ケンケンもできるし、水筒の蓋を開けて、コップに注ぐこともできます。
3人同時に話しかけられても、ちゃんと理解するし、前方から人が来ると、避けて進むこともできるんですって。。
すごいなぁ。。

びっくりしたのが、手話もできるってこと!
ニュースでは、「僕はASIMOです」って手話を披露していました。

ホンダでは、ASIMO君の指先の機能を使って、アーム型のロボットを開発。
福島原発での作業に、導入して行く予定だそうです。


原発の事故後、アメリカの産業・軍事ロボットが、原発内で活躍しました。
このニュースを聞いた時、「あれ?日本のロボットじゃだめなの?」と疑問に思いました。
日本のロボット開発は、最先端を行っていると思っていたんですもん。。

アメリカのロボットは、主に戦場での使用を考えた軍事ロボット。。
形も、ASIMO君とは違って、如何にもロボットといった動きです。
日本の原発用のロボットは、当初は開発されつつも、結局用途が無いとのことで、そのままお蔵入りになったそうですね。
つくづく、原発の安全性に対する過信が悔やまれます。。

事故後は、いろんな分野で開発が進み、汚染水の浄化装置も、結局米仏の装置より日本企業の装置によって、稼働率が上がりました。
ASIMO君のアーム・ロボも、きっと大活躍すると期待しています。


日本人にとっての究極のロボットって、「人型」なんだなぁと、今回のASIMO君のニュースで感じました。
その原型は、やっぱり手塚治虫氏のアトム君なんだろうな。

私が子供の頃は、いわゆるロボット・アニメの全盛期で、同世代にはガンダム・ファンがたくさん!
ロボット・アニメは、戦う事が前提で、人間的な感情は無いけれど、それを操作する人間は、いつも苦悩しているのが印象的でした。

アメリカの軍事ロボットが、「人型」とは程遠いのも、やっぱり戦うことが前提だからなのかな。。
アメリカ人は、ASIMO君のように、ロボットが企業のお客さんにお茶を出したりするなんて、発想はしないのかしら。。


ロボット漫画の集大成と言えば、手塚治虫氏と浦沢直樹氏のコラボ大作、「Pluto」。
アトム君を開発した天馬博士は、「間違いを起こす人口知能」は失敗なのか、成功なのかということを問いかけます。

その世界では、人型ロボットと人間の区別がほとんど無いまでになり、ロボットの人権についても法規制があります。
人口知能を持ったロボットは、段々と感情を持つようになり、大量破壊兵器(=軍事用ロボット)が理由で起こった戦争では、ロボット達が戦う事の虚しさを感じるのです。

人口知能への強力な起動力は、「怒り」の感情。。
絶命後、天馬博士により復活したアトム君は、自分の意志で「怒り」を克服し、「怒りと悲しみ」で混乱したPLUTOと対峙しつつも、「憎しみからは何も生まれない」ことを悟ったロボット刑事ゲジヒトの記憶と共に、地球を救うのです。



人型ロボットと共に、日本で主流なのが、体への負担を軽減する為の補助型ロボット。
介護や、災害時に活躍できるロボットです。
どちらも、人間的な優しさや思いやりからできた物だと感じます。

今朝読んだ新聞には、工学博士の「ロボットはロボットと特別視されなくなって、初めて一人前」とありました。
人間とロボットが、同じ優しさを持っていたら、素敵だな。

軍事用ロボットが必要ではない世界は、アトム君が願う「世界から憎しみが消える日」と同じ世界。。
日本の技術が夢見る未来も、優しさと思いやりの先にあるものであって欲しいです。
ASIMO君の手話に、ふとそんな気持ちになりました。
Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。