FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体重計。。

日本に戻ってから、あまり歩かなくなり。。




・・・というのも、24時間営業のスーパーが、徒歩5分の所にあるし。。
・・・というのに、酷暑の中、歩いてお買い物に行くのは辛く、夏場は車でちゃっちゃとお買い物に行き。。
・・・旅行もそれほど行かなくなり。。
・・・お家も狭くなり。。

・・・とまあ、動かなくなっています。。(^_^.)

そのせいで足が弱ったのか、膝を痛めたりしたので、最近はバレエのプリエを毎日欠かさず行うことにしています。
久しぶりの台湾旅行で、毎日歩き、やっと膝の状態も良くなって来ました。


今住んでいる辺りでは、夜になると、たくさんの人が歩いたり走ったりしています。
それが、本当にたくさんの人なんです。。(@_@。

ご夫婦らしきカップルや、お友達らしき女性グループ、スポーツの為の若者。。

皆さん、夜間に光る蛍光塗料のグッズを身につけ、あちらこちらで歩いたり、走ったり。。
それを見る度、旦那様もしたくてしょうがない。。(^_^.)

旦那様も、日本に帰ってからは忙しさに拍車が掛り、オランダ程運動ができずにいます。
通勤は電車だけれど、お隣の駅までだし。。

旅行から戻って、「やっぱり毎日歩く!」と宣言。
お隣の駅から5kmの道のりを、毎日歩いて帰って来ています。
最近は、タイムも気にしつつ、歩いているらしい。。(@_@。

そんな旦那様のご要望で、先日体重計を買いました。

今の体重計って、ただ体重を量るだけじゃなくて、体脂肪にBMIに、体内年齢、脂肪燃焼率・・・と、マルチ機能なものが主流です。
まぁ、そんなにあれこれ機能が無くてもいいので、一番スリムで、体脂肪率とBMIがわかる物にしました。

メーカーは、OMRONとTANITAが二大メーカーのようです。

TANITAは、全社挙げて体重のコントロールと健康に取り組んでいるらしく、社員食堂の低カロリーで美味しいメニューが評判になっています。
本屋さんには、TANITAの社食のレシピ本まで並んでいます。。(@_@。
会社で、低カロリーで美味しいランチが食べられるなんて、いいなぁ♪
オランダの旦那様の会社の社食は、すごかったですもん。。
一番美味しそうな物が、カップ麺だったとか。。(^_^.)


体重計が嬉しくて仕方ない旦那様。。

朝起きては、体重を量り。。
ご飯を食べては、体重を量り。。
お手洗いに行っては、体重を量り。。
お風呂を上がっては、体重を量り。。
ランニングから戻っては、体重を量り。。

・・・と、体重計と仲良しです。(^_^.)


「海外赴任時には、KG表示の体重計を持って行くことをお勧めします。」

・・・とは、会社の赴任研修時の、保健婦さんのアドヴァイス。
海外の食生活では、太る人が多いそうです。
特にアメリカでのポンド表示だと、増えてもあまり気にしなくなり、さらに体重過多になって行くんですって。。

我が家は、オランダでは体重は増えなかったけれど、日本に戻ってから、美味しい食事でちょっと食べ過ぎになっているかも!?
同じ頃に、中国から帰国した旦那様の弟君は、日本で更に体重が増えたらしい。。

体重の為には、食べ物の美味しい国じゃない方がいいのかも!?

日本の食べ物は、美味しいです♪(●^o^●)


P.S. 先日気が付いたんだけど、日本のお肉が薄切りなのは、やっぱりお箸文化のせいだと思う。。

P.S.2 フランス語の2回目の課題が戻って来ました。。今回は77点!\(◎o◎)/!
どんどん下がって行ったら、どうしよう。。(^_^.)
Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。