FC2ブログ

廻り道。。

震度5や6の余震が続いています。
震度3なら、ちょっと安心するなんて、これまで無かったことです。
今回の地震の規模が、どれだけ大きいかがわかります。





津波が如何に大きなものだったかも、被災地の状況からわかって来ています。

特に、リアス式海岸での津波は、高さがより大きくなり、その分引き潮の威力も増すそうです。
これまで、鉄筋の3階建てなら、津波には強いと言われていたのに、まるでおもちゃが転がるように、鉄筋の建物が倒壊しています。

今朝の余震では、また津波注意報が発令され、被災地の皆さんは、生きた心地がしなかったのではないでしょうか。。

津波は、二波、三波の方が大きいということも、今回初めてわかったことだとか。。
危機管理体制を、根本から変えなくてはならないことに、自然の脅威を改めて感じています。



自然は脅威も与えるけれど、人々に癒しももたらします。

やっと桜が開花となりました。
東京は、いつもより6日遅れだとか。。

あちこち見ているのですが、お家の周りでは、まだ桜らしいお花を見つけられずにいます。

桜は、日本人にとって、とても大事な花です。
フランス語のクラスで、桜のヴィジタンディーヌを配った時に、「これは何の花?」と皆に聞かれました。
オランダのチューリップと同じで、桜は春を連れて来る花ですね。
春と共に、たくさんの思い出も、桜には詰まっています。

この2週間、辛い、悲しいニュースばかりで、桜もやって来てくれないのではと、日本全体が鬱状態のようでした。。
被災地の開花はまだ先ですが、季節は変わらず巡って来ていると、少し安堵しました。


自然と共存することで、人は、ずっと強く、ずっと優しくなれるのかもしれません。



桜と共に、たくさんの若い人達が、新しい生活に入ります。
でも、今回の震災で、たくさんの若い人達の新生活が、大きく変わってしまっています。

進学するはずだった学校が、被災してしまった子供達。。
避難所へ避難して、どの学校へ行くのか、はっきりしていない子供達。。

内定していた企業が被災し、就職が取り消されてしまった人達。。
東京へ就職するつもりだったけれど、被災した故郷に残る決意をした人。。

収入が断たれ、進学を諦めた人もいるかもしれません。。

希望を持って見つめていた未来が、突然見通せなくなって、きっと皆、不安と悔しさでいっぱいなのではないかなと思います。



人生の道は、ひとつではなくて、たくさんの道が、ゴールに向かって存在するのだと思います。

自分では、この道を行きたいと思っていても、必ずそれが叶うわけではありません。
義務教育が終わると、そんなことが何度も訪れます。
その度に、自分はだめなんだ、ついてないんだ・・・と思ってしまいます。

本来行くはず(と自分で思っていた)の道ではなく、別の道を行かなくてはならなくなった時。。
それは、その人に必要な道なのだと思います。

廻り道は、距離も長くて、舗装もされていないかもしれません。
でも、自動車であっという間にゴールへ到着するよりも、たくさんの経験ができます。
人生の価値は、ゴールへ到達する早さではなく、到達するまでの経験の数だと思うのです。

今、目の前の扉が閉まってしまったけれど、必ず別の扉が開いています。
その扉の先には、きっと大きな理由があると思います。
どうか、嘆かないで下さい。
一歩を、踏み出して下さい。

私自身、今になって、廻り道を歩いて来たことの意味を、つくづく感じるのです。

大きな震災を経験した若い人達は、もうそれだけで、私達よりも大事なことを知っているように思います。
彼らが大人になった時、今より温かく優しい日本になっていると、信じています。


被災した東北を復興させるのは、きっと被災した若者達だと思います。
彼らの未来が、少しでも明るいものとなるように、私ができることをして行きたいなと思っています。
Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム