FC2ブログ

大丈夫だよ。

昨日の記事に、たくさんの拍手やメールを頂き、本当にありがとうございました。m(__)m






今の状況下で、たくさんの情報に接し、何を書くべきなのか、ずっと考えています。

私は原発や原子力の専門家ではないので、「専門家」の方々の詳細な情報について、コメントすることはできません。
また、未来を予見する能力もないので、今後「最悪こうなる」なんてことも言えません。


地震が発生してから、相変わらず大きな余震が続き、明日はどうなるのだろうと、毎日思います。

朝、旦那様を送る時は、「無事に帰って来て欲しい」と思い、
夜、横になると「今日も無事に過ごすことができた」と感謝し、
「もしかしたら、明日は最悪のニュースがやって来るかもしれない」とも思います。

被災された方々、関東に在住する家族や友人達も、きっと同じ思いで、今日という日を過ごしていると思います。
恐怖や不安でいっぱいでも、ここに家があり、家族がいて、仕事や学校がある以上、逃げる場所なんてありません。
そんな気持ちを抱えながら、皆、被災地の方々と、共に生きて行こうと思っているのです。

誰かをスケープ・ゴートにして非難することは、簡単なことです。
そんなことに、エネルギーや時間を使っている暇は、今は無いように思います。



もし私がお母さんで、小学生、中学生、高校生の子供がいたとしたら。。
その子供達に、「これからどうなるの?」と聞かれたとしたら。。

私が答える言葉は、一言だけ。

     大丈夫よ。


何の根拠も無いけれど、不安な子供達を前に、「専門家がこう言っている、だからこうなるかもしれない、その時は・・・」なんて、さらに不安を煽るようなことは言えません。
子供達も、何の根拠もないことがわかっていても、きっと親の言葉に安心すると思うのです。


水の汚染のニュースで、若いお母さんが、7か月の赤ちゃんにミルクをあげながら、

     心配ですけれど、でも、そんなことはいいんです。この子が笑っていてくれれば。

とおっしゃっていました。

世界中のお母さんの気持ちを、代弁しているように思いました。
母の強さを感じました。


東電の副社長さんが謝罪に訪れた時、避難所の方々は、声を荒げることも無く、

     まだ落ち着きませんか?農家だから、困るんです。作物を植えられないと・・・。

と、淡々と訴えていらっしゃいました。



日本中の人達が、今切望している言葉は、

     もう、大丈夫ですよ。


その言葉を、皆、ずっと待っています。
悲しい経験をした方々の気持ちに寄り添いながら、待ち続けています。

今気がかりなのは、親の行方のわらかない子供達。。
「大丈夫だよ」と言ってくれる人が、周りにいてくれるだろうか。。


私のブログは、そんな人々への思いを、綴ることしかできません。
最悪の状況にあっても、人に感謝し、手を差し伸べ、未来を紡いで行こうとする人々から、今、たくさんのことを学んでいます。
日本人であること、人間であることの意味を、毎日学んでいます。
自分が同じ立場になった時、彼らのように行動できるか、問い続けています。

自分の恐怖や不安を消化して、わずかに見える希望を、少しでも多くの人と共有できればと思います。
私のブログを訪ねて下さった方の心に、少しでも明るい灯が灯れば、本望です。

いつも、訪ねて下さって、ありがとうございます。m(__)m



昨日、今日と、寒い日が続いています。
私の住んでいる場所でも、周りの山々に、うっすらと雪が積もりました。

地震が発生して、2週間が過ぎました。

今年は、桜の開花も遅れています。
「もう大丈夫」の言葉を、桜も待っているのかもしれません。
Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム