FC2ブログ

大災害と日本人

連日の報道に、TV画面を見つめては涙が出、胸が苦しくなってしまいます。




地震でお引っ越しは無理かと思ったのですが、時間通りにオランダからの船便が届きました。
この荷物を送り出した時、まさかこのような大惨事の中で受け取ろうとは、夢にも思いませんでした。


それでも、私のいる場所は、関東や東北と比べたら、普段の生活ができている状態です。

東北は言うに及ばず、関東でも、絶えることの無い余震に、人々の不安は続いています。
家族曰く、「震度4なら、お家の中の物は落ちないから大丈夫」とのこと。

生活物資の輸送も滞っていて、スーパーやレストランでも「地震による物資の不足の為・・・」との張り紙が出されています。
ガソリンも不足し始めました。
これから、もっと物資が不足して行くのでしょうか。。

電力の不足も、「計画的停電」で対応して行くとのことなのですが、急に止めになったりと、混乱しています。
停電と言われて思いつくのは、お家の中での停電なのですが、実際は鉄道や工場等にも影響が出る為、また関東近辺では、鉄道が止まったりしています。


でも、東北で耐え忍んでいる被災者の方々を思えば、こんな不便なんて、どうってことないです。
給水を受けながら、「ありがとうございます」と、何度も頭を下げているご年配の方。
「子供がいるから、先に助けてあげて!」と、母子の救助を優先してくれる人々。
静かに、忍耐強く過ごされている被災者の皆さんを、誇りに思います。


その反面、いたずらに不安を煽るチェーン・メールも出回っています。
私の所にも回って来ました。
出所に信ぴょう性を持たせる為か、「奥さんの親戚で、〇〇石油に勤務している〇〇(企業実名・個人名を明記していました)からです」「厚生省からです」等と書いていて、本当に腹正しく思いました。


M9に修正された今回の地震。
M8までは想定されていただけに、その規模の大きさは人力を超えたものだったと、つくづく思います。
地震には万全の態勢で臨んでいた日本に、こんな大きな挑戦を与えた神様を、恨めしく思います。
でも、優秀な子には、大きな課題が与えられるのかもしれません。


オランダのフランス語の先生に、大丈夫とメールを出しました。
先生も心配して下さっていて、私にメールを送ろうとしていたところだったそうです。
「あなたとあなたの国が、大丈夫であることを信じています」とありました。


私が今できること。
なるべく電気を節約。
近所のスーパーでは、義援金の箱が置かれているので、毎回幾らか募金を続けて行こうと思います。
一度にたくさんはできないけれど、毎日続ければ、これから長くかかるであろう復興期間中に、かなりの額になるのではないかと思っています。

自然の様に、一度に全てを変えることはできないけれど、日々積み重ねて行くことで、この災害を乗り越えて行ければと、思う毎日です。

日本の皆、頑張ろうね。
オランダから、帰って来て本当によかった。
Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム