FC2ブログ

Pres. Obama と Yes, we can


オバマ新大統領、誕生しました。

こちらでは、夕方からLiveでの放送が流れていて、ずっと観てしまいました。
ブッシュさんの時も、こんなだったっけ??


オバマさんはリンカーン大統領を敬愛しているそうですね。
リンカーン大統領と同じ様に、列車で演説して首都入りしたり、リンカーン大統領の聖書を使って、就任式の宣誓をしたり。。

リンカーン大統領って、当時の奴隷制を解放した大統領でしたっけ。。
そして昨日、初のAfrican-Americanの大統領が誕生。。
リンカーン大統領が、奴隷制を解放していなければ、オバマさんは大統領にはなれなかった訳で、その因果関係を思って、ちょっと鳥肌が立ちました。

やっぱり、物事は全て繋がっているんだなぁ・・・と。。

でも、黒人だから・・・と言う言葉抜きで、皆オバマさんには、ものすごく期待してるんですね。
画面からだけでも、それが伝わって来ました。 
                            ・・・「おばま」で変換したら、「小浜」になりましたよ。。(-"-)


     「Yes, We Can!」

と、叫んでいる人もたくさんいたけれど、あの言葉って、繰り返していると、本当に自分にもできるんじゃないかという気持になるから、一種のアファーメーションかも。。
(アファーメーション : 願望や可能性を潜在意識に深く刻み、現実化する為に繰り返す言葉。)

        ・・・そうだ!これからフランス語の授業の前に、この言葉を唱えよう!Oui, je peux!(*^^)v


そういう言葉を選んだオバマさんって、やっぱりすごいのかな。。
それとも、たくさんの人がそれを求めていて、その潜在意識が作り出したものなのかな。。

オバマさんを中心に、ものすごくポジティブな意識が、アメリカを包んでいる気がしました。


ふと、9.11.後の、WTCの残骸の中で、

     本当のHeroは、君達だ!

と、救助活動をしている消防士の方達と、星条旗を掲げながら、叫んでいたブッシュさんを思い出しました。。

あの時も、ものすごい感情の波があって、ブッシュさんの支持率も上がって、それがそのままイラクへの戦争に流れて行ったように思います。。
だから、ブッシュさんはある意味、そういう方向へ流れる為の先導者の役割だったのかも。。
もちろん、それを止めなくてはいけなかったのだと、思うのですが。。
それができなかったから、オバマさんという、新しい役割の人が出てきたのでしょうか。。

一進一退しながら、人間が向かう方向は、最終的にはひとつなのかもしれません。。


アメリカは、新しい大統領が誕生すると、過去の出来事はまるでなかったかのように、これからの可能性ばかりクローズ・アップしがちです。。

できれば、オバマさんには、大統領の職を離れる時にも、今のような良い感情が溢れていて欲しいです。
オバマさんの表情を見ると、なんとなくほっとするし、可能性を信じたくなるし、溢れるエネルギーも感じるので、きっと良い方向へ行くと信じたいです。

奥さんのミッシェルさんが、オバマさんと同じ体格で、彼と同等に見えるのが、とても印象的でした。
宣誓の時、リンカーンの聖書をミッシェルさんが持って、それにオバマさんが手を乗せていたので、「あぁ、この二人は、一緒に大統領職を担いで行くんだ・・・」なんて思ってしまった私です。。


あ・・・肝心の演説聴かないで、何見てるのかって?(^_^.)



このポジティブな感情に溢れるのが、日本ではないのがちょっと残念。。

そういえば、日本の麻生首相は、どうしているのでしょうか?
海外にいると、全然存在感ないんですけど。。
支持率もあまりよくないって、聞きましたけれど。。

頑張れ!太郎君!
漫画読んでる場合じゃないよ!


                      大統領って、お昼寝もできないんだろうね。  pome4
Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム