FC2ブログ

より人間的な、最初の一歩。。

避妊・中絶はご法度のカトリック教徒。。




でも、11月末にドイツとイタリアで出版された、「世界の光」というヴァチカンのインタビュー本で、初めて避妊を許可する発言を、法王ベネディクト16世がしたそうです。\(◎o◎)/!

これは「現実的」で「歓迎したい」と、国連総長の潘 基文氏も歓迎コメント。。
テレビでも、「法王、避妊を認める!」と大々的に放送されていました。

フランス語の新聞でも、大きく取り上げられていましたよ。
それを読んでみたら・・・

     ・・・あれ?(・o・) ちょっと意味が違った。。


     法王は、避妊具の使用を推進しているわけではなく、アフリカの深刻なエイズ危機に対し、病気感染の危険があるカップルに限り、使用を認めるとしている。 ('Le Monde' 23.Nov.2010)


2009年3月に、初めてアフリカを訪れた法王は、地域の教会から、エイズ問題の解決には、避妊具が不可欠であるとの訴えを受けたんだそうです。
この訴えは、ヴァチカンにとっては、受け入れがたい問題。。
歴史の長きに渡って禁止として来たことを解禁するには、リスクが高すぎます。。

反面、世界のエイズ患者の3/4はアフリカ。
この現状は、アフリカのカトリック教徒にとっても深刻です。

そこへ持って来て、あちらこちらで大きく問題になったのが、聖職者達の性的虐待問題。。
ベネディクト16世も、大司教時代に、この問題を握りつぶそうとしたとかって聞きましたけれど。。
ヴァチカンへの風当たりは強くなるばかり。。
世界への影響力も、どんどん危うくなって来ました。。

アフリカ訪問から1年半経って、やっと、避妊具の一部許可に言及したヴァチカン。
どうやら、エイズへの積極的な対応策と言うよりは、自身のスキャンダルの風当たり回避もあったような印象です。。(>_<)

     避妊具の使用は、病気のリスクという確かな場合に限って許可し、このことは、モラルの低下を正当化するものではなく、責任ある行動を行うということである。(同上)

と、釘を刺しています。。

身内のスキャンダルの方が、モラル的にすごく問題だと思うのですけれど。。
聖職者自ら守れないことを、教徒達に押しつけることはできません。。
もちろん、素晴らしい聖職者の方達もいるとは思うのですが。。

人間が相手である以上、過ちも起こるということを、もっと現実的に考えないと、それこそ、ヴァチカンは空中楼閣になっちゃいますよね。。


それでも、

     この発言は、ヴァチカンの重要且つ、前向きな一歩である。(同上)

・・・だそうです。。

こうやって流れで見て行くと、ヴァチカンのスキャンダルも、前進する為の必然だったのでしょうか。。
神様は、遠山の金さんのように、

     何でも、お見通しでぇい!

なんだろうな。。(^_^.)

最近、仏語新聞には興味深い記事が多くて、1時間では読み切れません!


                 Pome2

P.S.
ベネディクト16世って、お顔が怖いなぁと思っていたら、スター・ウォーズのシスに似てるって噂なんですって!確かに。。(・o・)
私は、やっぱり、ヨーダが好き♪
スター・ウォーズって、公開順に観るのと、エピソード順に観るのと、どっちがいいのかなぁ。。
Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム