FC2ブログ

ヨーロッパと中国。。

日本と中国はお隣だし、歴史的にも関係が深いですよね。

ヨーロッパと中国って、どうなんでしょう?




過去のことはよくわかりませんが、現在の経済大国としての中国と、結びつきを強めようとするヨーロッパの国は多いようです。

先日は、胡錦濤主席がフランスを訪問して、エアバスを購入する契約をしたとか。。

その後は、胡錦濤主席がポルトガル支援のニュース。。

同じように、イギリスのキャメロン首相も、産業界の人を引き連れて、中国を訪問。。

9月には、温家宝首相が、ギリシアを訪問。。



     中国人のリーダー達は、ヨーロッパ、アフリカ、ラテン・アメリカへの入口を掴む機会を探っている。 (9.Nov.2010. 'Le Monde')

中国の動きを見ていると、経済が疲弊している国に手を差し伸べて、表向きは友好的支援だけれど、実際の影響力を増大しようとしている感じです。
フランスやイギリスは、経済と人権問題ははっきりと別にしているけれど、一方的な融資を受ける国々は、果たしてはっきりとNoと言えるでしょうか。。
ただでさえ、自国に不利な言動に対しては、経済制裁に動く中国ですから。。

     中国に頼るには限界があり、このような欧州各国の中国依存の伝染は控えるべきだ。 (同上)

今の日本も、同じような状況かな。。


     中国的メイド・イン・イタリア (4.Nov.2010. 'Le Monde')

イタリアのトスカーナに位置するプラトという都市は、イタリアのテキスタイルの中心地だそうです。
そこへ、中国の温州からの移民が増え続け、2世も含めて40,000人以上にもなるんだそうです。

彼らは、主にテキスタイルの工場で「中国式」に働いており、一日14~16時間労働、週7日勤務、食事も職場で、夏の暑い日もエアコンの無い状態なんだとか。。

そうして15€で製造された上着が、パレルモの市場やブカレストのブティックで、10倍から20倍の価格の「イタリア製」として販売されるそうです。

     「イタリア製」は、全世界のファッションの夢である (同上)

確かにイタリアで作られてはいるけれど、実際は中国人による手仕事なのですね。。
ミラノのバーゲンで感じたイタリア・ブランドの「メイド・イン・チャイナ」以上に、衝撃を受けました。。

中国はどんどんヨーロッパの市場に近付いており、プラトからは毎年、1,000,000€もの金額が、温州の銀行へ送金されているそうです。
2009年の時点で、イタリアの経済成長率は▲1%なのに、プラトの中国人社会では、+13%の成長率となっているんだとか。。

中国人が身を粉にして働いているのは、母国の家族の為。。
人権的に大きな問題を抱えたまま、中国の経済成長は進み、国際社会への影響力が増し続けているということなのですね。。



経済力と共に発言力が増え、各国に影響を与えるのは、当然のことだと思います。
かつての欧米や、日本もそうでしたし。。
でも、何故中国が同じようにするとだめなのでしょう?

そこはやはり、「一党独裁の共産主義だから」なのでしょうね。。

自分達のやり方が一番である。
他の意見は聞かない。
矛盾があっても、主張は曲げない。
自分に非があっても、相手が悪い。

国際社会の常識から逸脱してしまっていることに、中国は気が付いていないのでしょうか?
それとも、このまま、中国の常識が世界の常識になって行くのでしょうか?

ノーベル平和賞を受賞した劉氏は、Web上に「08憲章」なる物を発表しています。
Webは、第二の天安門広場だとのこと。。

中国の内部には、たくさんの亀裂が入っているけれど、経済の成長が、それを抑え込むことを可能にしてしまっているようにも思います。
私達ができることは、戦争ではなく、中国政府の歪んだ実情を淡々と世界に伝え、非常識なことには、はっきりとNoと言うことだと思います。。

私は、良い中国人の同僚もいたし、先日の旅行で、中国人への意識も改めました。
だから、十把一絡げで中国人への非難は控えたいのです。
対するのは中国政府であって、中国人ではないのだと、肝に銘じておこうと思います。

その為にも、日本政府、しっかりしてほしい。。ホント。。


・・・おしまい・・・

P.S.
広島では、「ノーベル平和賞受賞者世界サミット」が開催されるんですね。
せっかくアジアにいるのだから、受賞者のオバマさんも、出席してほしいものです。。

P.S.2
仏語新聞記事は、私の仏語学習の記録として載せています。
なるべく辞書を見ずに読む!という練習なので、もしかしたら内容にずれがあるかもしれません。
「ふ~ん」・・・ぐらいの気持ちで読んで頂けると幸いです。。(^_^.)


            Pome3
Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム