FC2ブログ

世界のおへそ。。その3 @ Grèce

今日はお天気だったけど、寒いです。。
10月も半ばになると、ぐっと冷え込んで来ます。。(>_<)

あっという間に日が落ちて、7時前には日没。。
ちょっと寂しいな。。





アポロンの聖域を観た後は、デルフィ博物館へ。。
デルフィ遺跡から出土した物が、展示されています。


Delfi15

スフィンクス

高い柱の上に、このスフィンクスが鎮座していたそうです。
エジプトのスフィンクスは男性で、ギリシャのスフィンクスは女性なんですって。。


Delfi16

見事なレリーフ

黒・赤・黄色の彩色が残っています。
彩色した物なのか、石の色なのか、どっちだったっけ??


Delfi17

レリーフの数々

丸印のレリーフは、ギリシャの2€コインのデザインになった図柄なんだそうです。

euro greece

ゼウスが雄牛に変身して、乙女を背に載せているシーン。

最近、手元のコインが、オランダとベルギーばかり。。つまんない。。
毎年の様に出る記念コインも、結構集まったのですが。。


Delfi18

Delfi19

Delfi20

上記三枚の写真は、本来、上から順に重なってひとつだった柱です。
「世界のおへそ」と呼ばれる、デルフィの大地から吹きあがるパワー・ポイントに建てられていたんだそうです。

でも、トップの石が発掘されたのは、ちょっと下がった位置でした。
つまり、柱から落っこっちゃったってことですね。。(^_^.)


Delfi21

ギリシャの男性像は、シンメトリー(左右対称)の美しさを表現しています。

こんな人物像の発掘写真が展示してあるのですが、土の中から、にょきっと生えたように像が出ていて、ちょっとびっくり。。


Delfi22

御者の像

鎌倉の大仏様と同じように、内部は空洞のブロンズでできています。
目の部分は、オニキスが入ってるんですって!
人気の無い夜の博物館で見たら、ちょっと怖い雰囲気。。(^_^.)


Delfi23

アポロンの聖域は、こんな感じだったのですね。


なかなか見応えのあった博物館。
やっぱり、アクロポリス博物館も観たかったな。。

この後、ツアーにはランチが付いていました。
同席になったのは、アメリカ・シアトルからのカップルと、イタリア人とマレーシア人の女の子。

アメリカ人のカップルは、トルコを15日かけて周って来たところ。
絨毯を2枚も買わされた・・・と言ってましたよ。。(^_^.)

イタリア人の女の子は、何故かドイツ語の説明を聞いていました。
(今回のガイドさんは、ドイツ語と英語でした。)
シシリー島近くの小さい島の出身だそうで、ギリシャの方がイタリアより暑いそうです。

マレーシア人の女の子は、なんと!5ヵ月の休暇で、ヨーロッパを周っているんですって!
マレーシアって、そんなに休暇がもらえるんでしょうか??
中華料理が恋しいって。。(^_^.)


デルフィ・ツアーは、2日間コースの方もいて、途中アラホバという街で一泊します。
1日コースの人は、この街で休憩タイム。
毛織物で有名だそうなのですが、特にお買い物をしたくなるようなお店は無し。。

Delfi24

岩の上に塔や修道院・・・って、ギリシャでは普通なのかな。。


Delfi25

小道の奥には、オーソドックスの大きな教会がありました。


Delfi26

壁の色がかわいいお家。


Delfi27

南仏でも見た鎧戸が、ギリシャのお家でも見られます。
暑い地方は、朝、窓を開けて涼しい空気をお家に取り込み、午後の暑い時間は、鎧戸をきっちり締めるんだそうです。
そうすると、朝の涼しい空気で、お家の中は涼しいんだそうですよ。


デルフィのパワーで、元気になったかな??


・・・つづく・・・

Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム