FC2ブログ

デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園

美術館の後、国立公園内を周りました。

雨が降っていたのですが、それでも自然の中は気持ち良かったです。





De Hoge Veluwe2

うっそうと茂る森の中をドライブ。



De Hoge Veluwe1

富豪だった、クローラー・ミューラー夫妻の家、「聖ヒューベルトゥス狩猟館」。



De Hoge Veluwe3

公園内には、ヒースの群生地があります。
ちょうどピンクの花が咲き始めていました。



De Hoge Veluwe4

松の木とヒースの咲く、荒涼とした大地。。
「嵐が丘」の舞台は、こんな感じなのかと思ってしまう。。



De Hoge Veluwe5

この辺りは、砂地の広がる「Wildbaan」。
緑豊かなオランダの景色とは、随分違います。


デ・ホーヘ・フェルウェの辺りは、オランダでは珍しい丘陵地。
湧水もあるそうで、この界隈では、湧水の70%程を、生活用水として使っているんだそうです。




国立公園内には、たくさんの野生動物もいます。
野生のイノシシや羊、そして。。

De Hoge Veluwe6

遠く松の木の林に、野生の赤鹿の群れがいました。



De Hoge Veluwe7

大きな角を持った雄達は、角を突き合わせたり、木の枝を揺らしたりしていました。
その音が、カーン、カーンと辺りに響きます。

人間が近づいてはいけない、神聖な場所に思えました。
自然の中で、野生動物に出会えるのは、神様の祝福だと聞いたことがあります。
シンプルに、力強く生きる野生の動物は、存在だけで奇跡のようです。

同じ場所から鹿を見ていたオランダ人のご夫婦が、双眼鏡を貸して下さいました。
この瞬間を分かち合うような、不思議な気持ちを共有した気分。。



デ・ホーヘ・フェルウェ国立公園は、季節毎に、いろんな表情があるそうです。
冬の雪景色を観てみたいような、そんな気持ちになりました。

日本からのオランダ・ツアーでは、ここには来ないのかな。。
時間があれば、是非訪れてみて下さいね。

私も、また行きたいな。。


・・・おしまい・・・

            Pome2

Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム