FC2ブログ

聖ヨハネ大聖堂って、すごい。。 @ Malta

やっと気温も25℃を超え、夏らしくなって来ました。ヽ(^。^)ノ

ここ最近、お家で伏せっていることが多いせいか、太陽に当たりたくなります。。
日本だと、太陽に当たりたいなんて思わないんですけど、やっぱり年間の日照時間が少ないせいなのかな。。

「花粉症」と診断されましたが、その後いろいろ症状が出て、やっぱり花粉症じゃなさそうです。。(@_@。
ホーム・ドクターの診断より、自分の長年の経験値の方が正しそうだわ。。



さてさて、いい加減長引いているマルタ旅行記を、なんとか終わらせなくては。。
中途半端に放置してあるのって、嫌なのです。。(^_^.)


今日は、マルタ騎士団が造った、すっごい物。。






Malta31

それは、「聖ヨハネ大聖堂

とても大きいけれど、外観はとっても地味。。


Malta32

マルタの鐘は、南仏や南スペインとはちょっと違いました。。
     ・・・私って、何故鐘の形が気になるんだろう。。前世は鐘職人とか??(^_^.)

こちらには、日本語のオーディオ・ガイドがありました。
でも、私達はガイドさん付きなので、借りられず。。(T_T)


Malta33

一歩中に入って、もう声が出ないぐらい、びっくりしました!\(◎o◎)/!

どこの大聖堂もびっくりするんですけど、こちらの装飾のすごさは、今まで観た中でたぶん一番すごいかも。。
写真だと暗いので、その凄さがあんまりわからないですね。。(>_<)

HPの写真を拝借。。

St.John Co-Cathedral

すごいでしょ?
壁も柱も天井も床も。。

裕福な騎士団と、法王からのご褒美で、ものすごい装飾です。。(@_@。


Malta34

床は全部、騎士達のお墓。。(@_@。
それも、大理石で、全部デザインが違います!


Malta35

細かいデザインに、鮮やかな色彩。。


Malta36

お墓なので、骸骨とかも描かれていて、ちょっと怖い絵柄もありました。。


Malta37

天井のフレスコ画が、またすごいです。。
丸窓の両側は、彫刻かと思いきや、影を付けて立体的に見せた絵でした。。(@_@。

作者は、マッティア・プレッティ(Mattia Preti)。
写真丸印は、実は本人。。


Malta38

フレスコ画を指さしながら、指を5本示しています。(クリックすると、少し大きくなります。)

     このフレスコ画を描き上げるのに、5年かかったんだよ!

・・・って、言ってるんですって。。(^_^.)


Malta39

正面祭壇も豪華です。
中央のモチーフは、ラピス・ラズリとブロンズでできてるんですって!(@_@。


Malta40

両サイドには、8つの出身グループ毎に作られた礼拝堂。
あちこちに、マルタ十字の装飾が見られます。


Malta41


Malta42 Malta43

こちらは騎士団長のモニュメント。
お墓もあるそうです。


Malta44

土台部分をガリガリ削っている、職人さんがいました。
今回はイタリア人の観光客と一緒のツアーだったのですが、イタリア人の皆さん黙っていられません。。(^_^.)
「オリジナルを削っていいの?」
どう修復するのかよくわかりませんが、お仕事だから大丈夫・・・だよね??(^_^.)


こちらの大聖堂の目玉は、カラヴァッジョ(Caravaggio)の絵画。
決闘で相手を殺してしまったカラヴァッジョが、マルタに逃亡していた間、こちらで大作を描いています。

カラヴァッジョって、絵の題材が怖くてあんまり好きじゃなかったんですが、ミラノのアンブロジーナ絵画館で観た「果物籠」は、繊細ですごいなぁって思いました。
また、マルタでカラヴァッジョを観ることになるとは。。


Malta45

礼拝堂内に飾られている「執筆する聖ヒエロニムス」


Malta46

でも、こちらは、実は写真。
本物は、隣接した美術館にあります。

以前、盗難に遭って、戻って来たんだそうです。
額から盗む時に切り取ろうとした為、大きく傷が付いていたのを修復したんですって。。


本物は、顔の部分がもっと暗くて、手前に置かれた光の当たった頭蓋骨とのコントラストがはっきりしていました。
生と死を表しているそうです。

「カラヴァッジョは、光と影を描いた画家」なんだそうです。
「光と影」と言えば、フェルメールだと思っていたけれど、カラヴァッジョもそうだったんですね。。
フェルメールの方が影響を受けたのかな。。


美術館にあったカラヴァッジョの大作が、こちら。。

The Beheading of St.John the baptist

「洗礼者聖ヨハネの斬首」<画像はHPよりお借りしました。>

こちらは、カラヴァッジョの作品の中で一番大きいものだそうです。
また、カラヴァッジョのサイン「ミケランジェロ」が書かれた唯一の絵だそうで、お値段なんて付けられないぐらい貴重な作品なんですって。。

その為、大きな絵の側までは近づけず、遠くから観るようになっています。。

女性の白い腕や、男性の上半身に当たった光と、背景や後方の牢獄の影とのコントラストが際立っていました。


カラヴァッジョのマルタ滞在は1年。
また決闘騒ぎを起こして捕まり、逃亡。。
「逃亡中に死亡」との報告があったそうですが、遺体は見つかっていないんだそうです。。

カラヴァッジョは、激しい性格だったんですね。。
やっぱり怖い人だわ。。(@_@。



美術館には、聖書を描いた、大きなゴブラン織りのタペストリーが何枚もありました。
果物や野菜で色を付けていたそうで、今でも明るい色が残っていて、びっくりしました。



・・・つづく・・・


                Pome3
Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム