FC2ブログ

Bon appétit @ Bruxelles その2

今日は、霧も出て、夜下りた霜がそのまま溶けず・・・。
木々が霜で真っ白、道は車が通らない所は、凍ってつるつる・・・。
ヨーロッパは大寒波で、南仏のマルセイユや、滅多に雪の降らないバルセロナまで、雪だそうです(@_@。
初めての冬がこんなに寒いとは・・・。。トホホホホ。。(T_T)

出かけるのが嫌になるお天気ですが、めげずに厚着して出かけました。
マイナス気温にもだいぶ慣れましたよ(*^^)v。
でも、帽子は必須です!


さて、ベルギー食べ物紀行の続きです。




美食の国、ベルギー。

有名なのは、ムール貝のバケツ蒸し。。

あ、言葉が悪いですね(^_^.)。
バケツのように大きなお鍋に、山ほどのムール貝を、白ワインで蒸した物です。
セロリやニンニク、お好みでクリームやカレー粉なんかも入れます。

でも、このムール貝、実はオランダで養殖されている物だそうです。
オランダでは、スーパーで売っていますが、レストランでそんなに食べられているのかしら?
もし、そうだったら、オランダ名物になってると思うんだけど。。

ムール貝といえば、専門店

     Chez Léon

前回、こちらで食べてすごく美味しかったので、今回もまず夕食はこちらに行きました。
有名店なので、とにかく混んでます。
こちらのレストランがある、イロ・サクレ地区では、呼び込みしているお店が多いのですが、呼び込みなんかしなくても、お客さんで常に満席。。
日本人の観光客の方も、いっぱい来てます。

前回と同じメニュー、ムール貝の白ワイン蒸しのセット(サラダとベルギー・ビール付き)と、ブイヤ・ベースを食べたのですが・・・

     美味しくない・・・(-"-)。。

メニューの表示も少し変わっていて、ブイヤべースは1/2オマールエビ入りとオマールエビ無しがありました。
オマールエビ入りはすっごく高かったので、無しにしたのですが(確かChez Léon風とかってなってました)、全然お出汁が出て無くて、具材はやたらとタラばかり。。
タラの身は厚いのですが、あまり味が無くて。。。

これで€65ぐらい払ったので、すっごく不満。。

スペインでの安くて美味しいお料理のイメージが強すぎて、なんだか高いなぁと思ってしまいました。


有名フランス料理店もあちこちにあるベルギーですが、ベルギーの郷土料理っていうのもあります。

     Waterzooi (鶏肉のクリーム煮)・・・でもスープっぽい
     Carbonnade Framannde (牛肉のビール煮)
     Stoemp (マッシュ・ポテトと野菜の裏ごし)・・・付け合わせなので、ソーセージとかと食べる

     Lapin (うさぎ肉)
     Anguilles (ウナギ)
     Chicon du Jambon (ハムを巻いたチコリのグラタン)
     Croquettes aux Crevettes (小エビのグラタン)

ベルギー料理のお店もいろいろあるのですが、やっぱり一皿€20から€30ぐらいします。

でも、すっごくreasonableなお店がありました!

     't Kerderke

場所もすごい!
グラン・プラスの一角、「フラバン公の館」の地下です。
小さなお店なので、いつもとても混んでいますが、こちらは上記メニューが全部あって、一皿€15程度!
お味もなかなかです。

日本のガイド・ブックには必ず載っているようで、いつ行っても日本人のお客さんがいました。

いつ行っても・・・ってどうして知ってるのかって?

だって、このお店に私達は3回も行っちゃったんですよ!(^_^.)

最後はお店のウェイターの人に顔を覚えられてしまって、

     犬笑 また来たね!

と言われました。。

お店は石造りのカーヴみたいな造りで、雰囲気満点。
日本語のメニューもあります。

私達の日本語メニューを見て、お隣のベルギー在住イタリア人の方々が、「それなに?」と覗きこんで来ました。
さすがイタリアの方々は、とってもおしゃべり♪
美味しいお店を聞いたら、グラン・プラスの高級フランス料理店

     La Maison du Cygne

が美味しいとのこと。

     bear でも、高いけどね。。

我が家はまだ行ってません。。いつか行くかな??

彼ら曰く、この't Kerderkeはレベルは高くないそうです。
レストランが溢れているイロ・サクレ地区には、観光客向けのお店もあるけれど、美味しいお店もちゃんとあるとのことでした。

さて、こちらの't Kerderkeで何を食べたかというと

     Waterzooi (鶏肉のクリーム煮)
     Carbonnade Framannde (牛肉のビール煮)**
     Stoemp (マッシュ・ポテトと野菜の裏ごし)+ソーセージ
     Chicon du Jambon (チコリのグラタン)
     Moules au Gratin (ムール貝のグラタン)**


特に**印は美味しかったです。お薦め♪


イロ・サクレ地区にある老舗レストラン

     Taverne du Passage

にも行きました。
ここも人気らしく、結構広いのに19時頃には満席。
ウェイターの方が、とってもプロフェッショナルな感じで、ちょっと怖かったけど(^_^.)、良かったです。

英語とフランス語のメニューがあります。
英語のメニューにあった「子牛肉」、フランス語では「牛の頭」って書いてあります。
頼んでみようとしたら、プロフェッショナルなウェイターの方が

     犬笑 子牛の頭と舌だから(身振り手振りで)、きっとあなた達は好きじゃないと思う。

・・・とのこと。(頑張ってフランス語でやりとりしましたよ!)

頭って・・・ついスペインの市場で見た子牛の頭を思い出しました。。
舌は、牛タンだから、まあ食べられそうですが。。

結局、Waterzooiに似た感じ(byウェイターの方)というチキンのマッシュルーム・クリーム・ソースと、またムール貝を頼みました。

ムール貝は、こちらのお店の方が大きくて美味しかったです。
でも、食べるとちょっとガリっと砂が・・・(>_<)。。
チキンは、どこで食べても胸肉みたいで、ちょっとパサパサでした。


もう1軒、行きたかったお店があったんですが、夜は高めだったので、Lunchに行ったところ、14時ぴったりで閉店。。がっくり
次回revengeです。。


ここまで読んで、食べすぎ!って思っている実家の母。。
そんなに食べてないんだってば!


・・・つづく・・・ pome1






     

NoTitle

そうそう、ムール貝はベルギー名物ですが、実はオランダ産が多いらしいですね。確かにベルギーは海岸線が少ないですものね。オランダではあまりポピュラーではないのですか?

私はよくスーパーで買って来て、ワイン蒸し、クリーム煮などにしますが、グラタンという選択肢があるのは知りませんでした!私もその 't Kerderke に行って試してみたいです。ベルギー在住なのに、オランダにお住まいの Maki さんに教えて頂くことばかりですね!

私も時間に余裕ができたら少しずつブリュッセルを開拓して、美味しいお店を見つけたらブログで紹介しますね!

さやか

コメントありがとうございます(*^_^*)。

オランダでも食べてると思うんですが、名物としては上げられていないんです。
スーパーには売ってます。
グラタン、殻も出ないし(^_^.)、貝の旨味がとても出ていて、美味しかったです♪


>ベルギー在住なのに、オランダにお住まいの Maki さんに教えて頂くことばかりですね!
いえいえ、たまたま私もブリュッセルに行っただけなんです。。
それも観光客向けばかりの情報ですし。。
これから、さやかさんの美味しいお店紹介楽しみにしています。
Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム