FC2ブログ

ベルリンの壁とナチスを巡る。。その6 @ Berlin

さて、ツアーとは別に訪ねた場所もご紹介しましょう。。






初日、市内に残る最も長い「ベルリンの壁」を観に行きました。


Berlin39

シュプレー川沿いに、1.3kmも壁が続く、「イースト・サイド・ギャラリー」。
各国のアーティストによる壁画が観られます。


Berlin27

旧東ドイツの車、「トラバント」を描いた物。



Berlin26

ベルリン市内には、こんなにたくさんトラバントを置いている場所が。。

旦那様は、おお!!と大興奮してましたよ。。(^_^.)
男性の観光客は、皆さん、バシバシ写真を撮っていました。。
男性には、かなり興味深い物なのですね。。

このトラバントを利用した広告も、あちこちで見ることができました。
でも、このトラバント、ドイツ人が乗るにはかなり小さそうです。。(^_^.)



Berlin28

これは、ちょっと気持ち悪いけど、すっごく細かい絵でびっくりしました。


各国のアーティストによる・・・のですから、日本人もあるかな・・・と思ってたら。。

Berlin40

漢字だ!


Berlin41

日本人アーティストによる壁画です。
私の身長155cmと比較すると、壁の高さがわかるかと思います。


Berlin29

一番面白かったのが、こちらの壁画でした。


イーストサイド・ギャラリーは、結構長いです。。
観終わってから、Sバーン(近距離列車)の駅へ向かったら、ものすごい人。。
どうやら、ベルリンの地元サッカー・チーム、「ヘルタ・ベルリン」の試合があるようです。。
皆さん、ユニフォームやら旗やらを持って、ついでにビールもたっぷり飲んで、既にかなりハイな状態。。(@_@。

ヨーロッパの都市を訪ねると、どこへ行っても、サッカー・ファンに遭遇します。。

ウォーキング・ツアーで一緒になった、アイルランドからのおじ様。。
アイルランドといえば、先日2010年ワールド・カップ出場をかけた対フランスとの試合で、フランス・アンリ選手のハンド問題で破れた国。。

旦那様がその話題をふったら・・・

     観た?あの試合?あんなの信じられないよ!ハンドだよ!\(◎o◎)/!

・・・もう、すごい勢いで語ってくれましたよ。。(^_^.)

皆さん、サッカーになると熱いです。。


・・・つづく・・・


                          pome4

Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム