FC2ブログ

歴史を巡る旅。。 @ Berlin

オランダも晴天で、気温もぐんぐん上がっています!ヽ(^。^)ノ
気の早いオランダ人は、既に半袖の人も。。(@_@。
・・・まだ、15℃程度なんだけどね。。

日本は桜の開花宣言があったそうですね。
あぁ、桜・・・見たいなぁ。。

春分の日も過ぎて、今週末にはヨーロッパも夏時間です。
どんどん日が伸びてきます♪
もうすぐイースターだし、ヨーロッパのバカンス・シーズン到来です!



この週末、プチ旅行に行ってきました。。










今回の行き先は、ドイツ、ベルリン。

去年は、ベルリンの壁が崩壊して20年の節目でした。
テレビでも、東欧各国の、この20年の民主化への歩みを放送していました。


統一ドイツの首都であるベルリンへは、オランダから飛行機で1時間。

テーゲル空港はとても小さな空港で、飛行機を降りると、すぐ荷物のターン・テーブルがありました。

      実家の地方空港の方が大きいかも。。(@_@。

ベルリン近郊には全部で3つの空港があって、テーゲル空港から市中心地までは、バスで20分程。
小さい空港だけど、とても便利です。


地理には弱い私。。
実際にベルリンへ行くまで、ドイツ内のベルリンの位置と、大戦後の4カ国による分割統治の状況について、いまひとつ分かっていませんでした。。(^_^.)

Berlin map1
<画像はwebからお借りしました。クリックすると、大きくなります。>

大戦後のドイツ。
旧東ドイツは、ソビエト連邦(懐かしい名前です。。)の占領地。
旧西ドイツは、アメリカ・イギリス・フランスによる分割占領地。

ベルリンはというと、旧東ドイツ占領地内に位置し、その小さな市の中が、更に4カ国で分割統治されています。。
分割されたドイツの縮図が、正にベルリン。。

いわゆるベルリンの壁とは、西と東の国境ではなく、東ドイツ内にあるベルリンの西側部分を封鎖する為のものだったのですね。。

     西ベルリンに入れば、なんとか西側諸国へ出ることができる。。

東ベルリンの人々にとって、壁を越えることは、死を意味することでもありました。
ベルリンの位置関係を理解し、あの20年前の壁崩壊の映像を思い出したら、鳥肌が立ちました。。


Berlin map2
<画像はwebからお借りしました。クリックすると、大きくなります。>

こちらが当時のベルリン市内図。
西ベルリンは、ぐるりと壁に囲まれています。。

実際に壁が建設される前から、ソビエトによる国境の封鎖が行われ、西ベルリンへは、西側占領国から物資の空輸が行われていたそうです。(キャンディ爆弾。。)
1961年、ワイヤーや石垣程度だった封鎖に代わって、ついに壁が建設されたそうです。

当時のアメリカ大統領は、J.F.ケネディ。

壁が建設された時、彼は

     戦争でしか、この状況を覆すことはできないかもしれない。しかし、今の時点で、西ベルリン及びアメリカ、そして西側同盟国の誰もが、戦争に進むべきだとは考えていない。

と、西ベルリン市長に手紙を書いています。

1963年、ケネディ大統領はベルリンを訪れ、

     「ロンドン、パリが自由であるのと同じように、ベルリンの自由を守る。・・・どこに住んでいようとも、全ての自由な人々はベルリン市民である。それ故に、自由な人間として、私はこの言葉に誇りを持っている : 「Ich bin ein Berliner.(私はベルリン市民の一人だ。)」

と演説も行なったそうです。

この後、世界は巨大な2つの国家による冷戦へと突入して行きます。。

冷戦期間から現在に至るまで、アメリカの関与しない戦争はほとんどありません。
アメリカは敗戦という焦土を経験していないけれど、実際の歴史は、他国での戦争の歴史なんだと、つくづく思いました。
アメリカ大統領になるということは、戦争に対する姿勢が問われることなんですね。。

オバマ大統領はどうでしょうか?
ノーベル平和賞だけもらってお仕舞いにならないで欲しい。。



今回は、大学生のガイドさんによるウォーキング・ツアーに参加して、第2次大戦、大戦後、壁、そして統一ドイツ・・・と歴史を巡って来ました。

もし20年前にここを訪れていたら・・・と、何度も思いました。
訪れる場所毎に、ここは東、ここは西・・・と確認せずにはいられませんでした。。

帰りの飛行機でお隣になったアメリカ人のおじ様は、'69年にベルリンに駐屯していたそうです。
やはり、壁が崩壊したことは驚きだった、とおっしゃっていました。


ベルリン旅行記、ご興味のある方は、お付き合いください。(*^_^*)


・・・つづく・・・


                          pome4

ベルリンの週末、お天気はどうでしたか?土曜日、こっちでは一時的に大雨降ってましたけど。
ベルリンと言ったらベルリンの壁ですよねー。私も、実際にこの目で見てみたい気もします。
歴史が動いたんですものねー、すごいことです。

私のPCだけかもしれませんが、残念ながら画像を見ることができません。(>_<)
記事も下のほうにあって、ちょっと不思議ですね。
どうしちゃったんでしょね。

引き続きベルリン旅行記、楽しみにしてます(^ー^)

Re: みくにゃんさんへ

コメント、ありがとうございます(*^_^*)。

> ベルリンの週末、お天気はどうでしたか?土曜日、こっちでは一時的に大雨降ってましたけど。

ベルリンも雨でした。。
降ったり止んだりだったんですが。。
オランダは大雨だったんですか!(@_@。

> ベルリンと言ったらベルリンの壁ですよねー。私も、実際にこの目で見てみたい気もします。
> 歴史が動いたんですものねー、すごいことです。

たぶん、壁がある時や、壁が崩壊してすぐだったら、もっと現実感があったと思うんですが、今はかなり綺麗になっていました。
それでも、ドイツの戦争に対する教育という姿勢はすごいなぁって思いました。

> 私のPCだけかもしれませんが、残念ながら画像を見ることができません。(>_<)
> 記事も下のほうにあって、ちょっと不思議ですね。
> どうしちゃったんでしょね。

みくにゃんさん、ありがとうございます!
どうやら、画像をサムネイルにしなかったので、そのせいで画面が変になってしまったようです。。(>_<)
サムネイルにしたら、普通になりました。。ありがとうございました。。

> 引き続きベルリン旅行記、楽しみにしてます(^ー^)

いつも、訪ねて下さってありがとうございます(*^_^*)。
Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム