FC2ブログ

トルコ絨毯を買ってみる? @ Istanboul

絨毯と言えば、ペルシャ絨毯が有名ですが。。






トルコには、トルコ絨毯があります。。

市内観光には、絨毯工房への見学も含まれていたんですが、3人しかいないので「どうします?行きたければご案内しますよ」とガイドさん。。

せっかくなので、絨毯織る所、観た~い!


街中や、バザールの中には、いっぱい絨毯屋さんがありました。
でも、飾ってある絨毯がもう色あせてたり、客引きの人がいっぱいいたり。。
とても信用できそうにない。。

トルコ絨毯を買いたいと思っても、なかなか難しいです。。
特に、団体の日本人ツアー客は、カモだそうですし。。(^_^.)
旅行会社と絨毯屋さんが結託してるってお話も聞くし。。

旅行の思い出にと、ついついお財布の紐も緩くなりがち。。
いいのがあれば、お値段が納得いけば・・・買おうかな。。


連れて行ってもらった工房は、ビルの中。
客引きもいないし、知らないと入って行かないような場所。。

通されたお部屋には、いくつも絨毯が丸めて置いてありました。
女性が一人、絨毯を織っています。

お店の方、日本語で絨毯の説明をしてくれました。
「お客様」を連発するところが、ちょっと商売人っぽい。。(^_^.)


トルコ絨毯とペルシャ絨毯の違いは、結び目が二つか一つか。。
結び目が二つのトルコ絨毯は、ほつれないので丈夫なんだそうです。
女性が、実際に目の前で結び目を作って、見せてくれました。

これが、ものすごく細かい作業で、びっくり!!(@_@。
細い糸で細かい結び目を延々と作って、あの大きな絨毯になるのかと思ったら、気が遠くなりました。。
お値段が高いはずです。。

ある程度結び目を作った所で、結び目につながっている糸を、大きなハサミで切ります。
そんなに、大胆に切っちゃって大丈夫?と、ちょっとドキドキ。。(@_@。

ベルギーのレース編みもそうだけれど、トルコの絨毯も、女性の労力。
こちらのお店にある絨毯は、カッパドキア周辺の家内工業で作られた物を預かり、売れたらその金額を彼らに払うんだそうです。
     ・・・お店は幾らぐらい手数料を取ってるのかなぁ。。

買い取りじゃない分、お店のリスクは少ないって訳ですね。。(^_^.)


お店の方が、いろんな絨毯を見せてくれました。

トルコ絨毯の種類は3種類。

縦糸と結び目がウールの物・・・模様が荒い。
縦糸がウールで、結び目がシルクの物・・・模様が細かい。
縦糸も結び目もシルクの物・・・とても繊細な絵柄で、高い !!!


この織り方に、色の染め方が加わります。

化学薬品での染色。
草木染め。
羊の毛の自然の色合いを使う。(色目は白・茶・濃い茶)

・・・と、こんな感じで製作されて、あとは大きさによってお値段がいろいろ・・・になるようです。
大きい物だと、製作に、二人掛かりで1年以上かかるんだそうです。。
日本人向けには、玄関マット、3畳の大きさの物、廊下用の長いの・・・なんかがお勧め。。


ひとつひとつ絨毯を見せて説明してくれたので、その違いがよくわかりました。
絨毯をバッサバッサと広げるのですが、空調がしっかりしているようで埃っぽくはなかったです。。

お店の方、「私の説明はここまでです。ご質問があればどうぞ。買っても買わなくてもいいです。」

こちらのお店は日本に代理店があるそうで、アフター・ケアをしてくれるんだとか。。
絨毯は日本の代理店に送って、宅急便で玄関口まで配送。。
送料・通関その他諸々込みで、タックス・フリーのお値段。。
     ・・・至れり尽くせりですね。。(^_^.)


お店の方の説明はよくわかったけれど、如何せんお値段がわからないので、「これはお幾らなんですか?」と率直に聞いてみました。。

いいなぁと思ったのは、自然な羊の毛の風合いで織られた物。
それから、シルク織りの物が、すごくいい色でした。
中でも、円形で素敵な物が。。

この円形のシルク織りは珍しいそうで、製作者が自分の為に織った物なんだとか。。

お値段を聞いてみたら。。

     この時期、お客さんが減るので、今だけのお値段で・・・56万円。。

     おっとぉ。。(@_@。


収入の減る冬場、製作者の方も収入が欲しいので、特別に値引きしますとのこと。。
でも、そんな高いのは、買えません。。
ここから、怒涛の値引き交渉が始まりました!\(◎o◎)/

お店の方、席を外し、製作者へお電話。。
その内、お店のマネージャーさんもやって来ました。。(@_@。

こちらのお店、日本人、アメリカ人が来るそうなんですが、アメリカ人にはいくら見せても「ふ~ん。。」って感じで、絨毯の良さを分かってもらえないんだとか。。(^_^.)
まぁ、靴でお家にあがる文化では、絨毯って重要じゃないですもんね。。

この円形の絨毯に目を止めてもらえて嬉しい!と、お店の方、食い下がります。。

     幾らだったら買いますか?言って下さい!

とまで。。

     だめです。。これ買ったら、ご飯が食べられなくなっちゃいます。。

     ご飯なんて、こちらから送りますよ!

もう、最後はおかしなやり取りになっちゃいました。。
     ・・・トルコ料理1年間送ってもらうっていうの、いいかも。。(^_^.)

最終的に、マネージャーさんが提示してくれた金額は、€2,000。
それも、ウールとシルク織りの絨毯と、この円形のシルク織り絨毯2枚でのお値段。。
もう、ウールとシルク織りの絨毯なんて、おまけみたいなもんです。。

でもね、丹精込めて何年もかかって織った物を、そんな買い叩いちゃいけないと思います。。


結局私達が買ったのは、ウールとシルク織りの、自然な色合いの絨毯のみ。。
玄関マットより大きいサイズです。

模様は。。

la carpette turque

やっぱり、チューリップ♪
イスタンブールとオランダの思い出に、ちょうどいいかなと思って。。
お値段としては、安くもないけど、高くもないってところでしょうか。。


私達が買った絨毯が、果たして妥当なお値段だったのかはわかりません。。
お値段があるようで無いような感じもしますし。。
でも、寝室に敷いたら、ぐっとお部屋の雰囲気が良くなったので、とても満足しています。

後でwebを見てみたら、何10万もするシルクの絨毯を買って後悔した方、いらっしゃるんですね。。(@_@。
トルコで絨毯を買う方、ご自分の懐具合と冷静な判断をしてね!



他のお店でも、品物のサイズ直しの間に、「よかったらこれも見て。買う買わないは気にしないで。」と、次から次へといろんな商品を並べてきました。。
「もしかして、これを買わないと、買った品物は渡してくれないのかしら?」なんて、思っちゃいましたよ。。(^_^.)
でも、そこは気にせず、「いいですね。ふ~ん。」と見ながらやり過ごしました。。

日本や韓国からのお客さんが多いみたいで、韓国語でやりとりしているスタッフの方もいました。
彼は、韓国に行ったわけじゃなくて、お客さん相手に覚えたんだそうです。
「トルコ語と日本語と韓国語は、文法が似てるからね!」とのこと。。

そのお店の方は、東京へ毎年商売に行くそうです。
トルコも最近景気が悪いそうで、なかなかお客さんが増えないんだとか。。
でも、お財布の紐はしっかり締めないとね!



・・・つづく・・・

                  pome4


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

バザールの中の絨毯屋さんで、主人が遊びました…。
帰国しても敷けないでしょう?な非現実的なお値段を伝えたから、
もうお店の人は舞い上がって、従業員総出でわんさか広げだして(汗)。
私は恥ずかしいし「あとはしーらない」な顔で隣で見てましたけど。散々見せてもらって(さすがに魅力的なお品もいくつか)
「じゃぁ、考えるね。明日はここお休みだから明後日にでもくるよ」
と言って、お店の人の猛烈な引止めを振り払って後にしたのでした。いいな…と思ってもそれがお値段とつりあう品質かを見極めるのは難しそうですね。お蔭様で、よいものを相当拝見できたので、今後役に立ちそうですが。

Re: norinoriさんへ

コメント、ありがとうございます(*^_^*)。

> バザールの中の絨毯屋さんで、主人が遊びました…。
> 帰国しても敷けないでしょう?な非現実的なお値段を伝えたから、
> もうお店の人は舞い上がって、従業員総出でわんさか広げだして(汗)。
> 私は恥ずかしいし「あとはしーらない」な顔で隣で見てましたけど。散々見せてもらって(さすがに魅力的なお品もいくつか)
> 「じゃぁ、考えるね。明日はここお休みだから明後日にでもくるよ」
> と言って、お店の人の猛烈な引止めを振り払って後にしたのでした。

わぁ、ご主人様すごいですね!
トルコ人のお店の方の猛烈な引き止めって、振り切るの大変そうです!

>いいな…と思ってもそれがお値段とつりあう品質かを見極めるのは難しそうですね。お蔭様で、よいものを相当拝見できたので、今後役に立ちそうですが。

絨毯のお値段って、よくわからないですよね。。
私が気に入ったシルク絨毯は、さすがに€2000以下にはできないと言っていました。
絨毯と言っても、テーブルセンターぐらいの大きさでしたから、ホント目の保養で。。
トルコの物価を考えると、トルコ人が買う絨毯は、幾らぐらいの物なんでしょうね。。(^_^.)

Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム