FC2ブログ

「Back to the Future (1985)」

イスタンブール旅行記の途中ですが。。


昨夜、「Sayuri - Memory of Geisha -」がテレビで放映されていました。
やっぱり、ミッシェル・ヨーって、色っぽい!

深夜、チャンネルを変えていたら、懐かしい映画が!






     「Back to the Future(バック・トゥ・ザ・フューチャー パート1)」

1985年に封切られた、マイケル・J・フォックスの代表作。
今の若い方は、知らないかしら?

25年前、渋谷の満員の映画館で、立ち見で観ました。
スピード感あふれる展開と、ワクワクドキドキで、あっという間でした。


チャンネルを合わせたテレビでは、ちょうど「深海パーティー」のシーン。
ダメ男のパパが、見事ママにキスをして、マーフィーの命も助かります。
マーフィーの見せ場のギター・シーンへと続き、お話はクライマックスへ。。

もう何回も観ているのに、観る度にドキドキ。。

ヒューイ・ルイスの音楽も懐かしい♪

パート1の後、パート2、3と製作されましたけれど、パート1がやっぱり一番面白いですね。


マイケル・J・フォックスの若さと身軽さに、当時もすご~い!って思いました。
その後の続編でも、パート1のマイケルのままだと、疑わずに観ていました。

パート1の撮影後、彼は若年性パーキンソン病の兆候が出ます。
パート2で、同じ「深海パーティー」のシーンを撮影した時、ものすごい疲労感で大変だったそうです。


私が彼の自叙伝「Lucky Man(ラッキーマン)」に出会ったのは、私自身、ちょうどしんどい時期でした。

この自叙伝は、ハリウッド・スターによくあるゴースト・ライターによるものではなく、マイケル自身が書いた物だそうです。
前半は、ハリウッド・スターになるまでのお話で、少々退屈感は否めません。


その後彼は、様々なトラブルに直面することになります。。
スクリーンだけを観ていたら、彼がこんなトラブルに見舞われていたなんて、知る由もなかったでしょう。。

パーキンソン病、アルコール中毒、金銭問題の裁判、手術、高校に入り直し。。。

私が特に印象に残っているのは、もう耐えられないと、深夜のキッチンでノートに自分の思いを書き殴る場面。。

     こんな自分でも、(奥さんの)トレイシーはまだ愛してくれるだろうか。。

この時意外だったのは、彼がまだ、「自分がパーキンソン病であることを認めていない」ということでした。

不思議なことに、パーキンソン病と真剣に向かいあう決心をしてから、彼は少しずつ本来の自分自身を、人間として真っ当な生活を取り戻していきます。
そして、奥さんのトレイシーは、いつも彼の側にいました。

一生治ることのない病と戦うことは、どれほどの勇気と忍耐がいることでしょう。。
彼の、迷いながら病と戦っていく姿に、涙がこぼれました。



     いつか取り返しのつかないことが起こるんじゃないかって、怖くなるんだ。。

という彼の言葉に、セラピストはこう答えます。

     マイケル、あなたはパーキンソン病なのよ。

彼が恐れている取り返しのつかないことは、既に起こったのです。
これ以上恐れることなどないのだ・・・と、彼は安堵します。


マイケルは病と向き合い、素晴らしい奥さんと共に、その後4人の子供のパパになります。
そして、

     自分は幸運な男だ。

と思うようになります。


現在は、ほとんどスクリーンにも出ないマイケルですが、時々パーキンソン病関係のコメントで、テレビに出ることがあります。
バック・トゥ・ザ・フューチャーの時よりも、深みのある顔になったのではないでしょうか。。



私は今、安心できる場所にいると以前書きましたが、時々、また安心できない状況が起こるのではないかと、不安になることがあります。
そういう時、「大丈夫、あの時も、この時も、乗り越えてきたじゃない。。」と自分に言い聞かせます。
恐れていることは、もう過ぎたのだと。。
未来を恐れれば、また自分で自分を陥れるだけだと。。


1985年は、私にとっては、とてもいい年でした。
パーキンソン病を発症する前の彼同様、まだ社会に出る前の、希望に溢れていた25年前の自分。

もしタイム・トラベルができて、あの頃の自分に会えるとしたら、私はなんと声をかけるでしょうか。。

     きっと、大丈夫。

そして、25年後の自分は、今の自分になんと声をかけてくれるでしょうか。。

     今のままで、大丈夫。

・・・って、言って欲しい。。


久しぶりに「バック・トゥ・ザ・フューチャー」を観て、いろんなことを思い出しました。

マイケルの人生が、実り多きものとなりますように。。



                        pome4
Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム