FC2ブログ

Palau de la Musica Catalana @ Barcelona

バルセロナと言えば、やっぱりガウディに代表されるモデルニスモ建築。
19世紀末から20世紀初頭にブームとなったこの建築スタイルは、アール・ヌーボーと同じ流れだそうです。
自然をモチーフとし、鉄やモザイク・タイルなどで飾られた建築は、バルセロナのあちこちで見ることができました。

このモデルニスモ建築、ガウディ以外にも有名な建築家が何人かいるそうです。
その一人が「花の建築家」と呼ばれる「ドメネク・イ・モンタネール」。
彼の建築物もいくつか世界遺産になっています。

バルセロナの情報収集をwebでしていた時、絶対行った方がいい!と書いてあったのが、このモンタネール作

     カタルーニャ音楽堂

現役のコンサートホールで、世界遺産です。

Musia Catalana1
Musia Catalana2


中に入るには、ガイド・ツアーに参加するか、コンサートを観に行くか。。
我が家はまずガイド・ツアーに参加しました。
ガイド・ツアーは英語かスペイン語で、時間が決まっています。

1Fにはカフェ(Bar)があります。
私達がチケットを買っていたら、お隣のスペイン人のおじ様が、「あのカフェはとても美味しくてお薦めだよ」と言ってくれました。

内部は、「うわぁ~(@_@。」と言ってしまうぐらいの装飾と、色、ガラス、彫刻の数々。。
残念ながら、写真撮影はできません。。

バルセロナの守護聖人サン・ジョルディ(上記2枚目の写真はその彫刻だそうです)が、龍を倒した時に、その血が薔薇に変わったそうで、そのお話を元に、この音楽堂には至る所に薔薇の装飾がなされています。
上記写真に写っているバルコニーの柱は、同じ物は1本としてなく、すべてに花の模様がモザイクで施してありました。
照明も、全て花の装飾。
天井の大きなステンドグラスも素晴らしかったです。

でも、私が一番気に入ったのは、舞台の壁。
壁一面に世界中の18個の楽器を持った女性の彫像が並んでいるんです。
でも、腰から下は壁絵。
それがなんとも幻想的で、とても綺麗でした。

今でも現役のコンサート・ホールですから、クラッシックはもちろん、いろんなジャンルの演奏会が行われています。
ガイドさんのお話だと、アコースティックのコンサートの場合、2階席の方が音の響きが良いそうです。

こちらで、virtual tourがご覧になれますので、是非。。 (visites Guiades < visita virtual)

チケット売り場を覗いてみると、明日の夜オペラがあるとのことで、チケットを購入しました。


カタルーニャ音楽堂からすぐのゴシック街に、やはり行列の人気店があるとのことで、この日のLunchはそこへ。。
平日だったので、それほどの行列ではありませんでしたが、Lunchの3コースの定食が、なんと€8ちょっと!!!
それにミネラル・ウォーター500mlが一人に1本付きます!
(ワインにする場合は、要追加料金。)

お味はなかなか美味しくて、このお値段でこんなの食べられたら、毎日通っちゃう!!!
なんでオランダにはないんだろう。。

ちょっとおかしかったのが、デザート。
旦那様は「季節のフルーツ」の中からオレンジを頼んだのですが、オレンジが丸々1個出てきました。。(自分で切って食べて・・・ということですね。)
私は、お隣の人が食べていたプリンが食べてかったのですが、スペイン語でどれになるのかわからなかったんです。
お店の方が「フラン?」と聞いてきたので、反射的に「Si」と答えてしまいました。。
でも、頭の中で、何故かプリン=フランという意識があったのか、ちゃんとプリンが出てきて、大満足♪
美味しかったです。。


セビーリャでフラメンコが気に入った旦那様。
バルセロナでもフラメンコが観たい!ということで、人気のお店に行ってみました。

Barcelona13
Tablao Cordobes

アルハンブラ風の洞窟のような造りだそうです。
本物を観てきた目には、ちょっとちゃちな気もしますが。。

今晩のチケットがあったので、夜20時からのショーを観ることにしました。
ディナーを食べてから、ショーを観るというのもできますが、こういう所のお食事はどうかなぁと思い、ショーだけに。。

さて、時間を潰すには。。
ゴシック地区をぶらぶらすることにしました。

ゴシック地区には、狭い小道がいっぱいあって、お店が山ほど軒を連ねています。
カテドラルや、ピカソ美術館なんかもこちらにあります。
ピカソが描いたらしい壁画もあるんですが、どう見ても、子供の落書きっぽい。。

カテドラルの見学時間は、お昼の後は17:30から。。
カテドラル前の看板は、何故か17時までと書いてあって(?)、日本人の方が「なんだ~、終わっちゃったんだ」と帰られていました。
17:30から観られますから、確認された方がいいです。。

Catedral
ゴシック建築。


Barcelona12
街は、イルミネーションも始まってました。

jumee☆ バルセロナは、どこもスペイン語とカタルーニャ語と思われる言語の2つが表記されていました。
このカタルーニャ語って、とってもフランス語に似てるんです!
私はスペイン語はわからないのですが、あれ?これフランス語と一緒だ。。と思う表記がいっぱいあって、何となくわかったので楽しかったです♪ jumee☆


20時からのフラメンコ、30分前にお店に行ったら、「待つ場所が無いので、5分前に来てくれ」と追っ払われてしまいました(@_@。。

5分前に行くと、ものすごい人だかり。。
それも日本人ばかり。。
欧米人の観光客が「今日はアジアン・ナイトだな。。」と言ってました(^_^.)。
どうやら、団体さんと契約しているみたいです。

セビーリャと比べると、とても狭い会場。
座席がサイドだったこともあり、ちょっと観づらかったです。
日本人の団体の方は、時差ボケだったのか、ぐぅぐぅ寝てる方も。。
お隣の日本人の若い女性は、大きな声でおしゃべりするし。。
(「あ、あの人イケメンじゃん!」・・・なんて、聞いててちょっと恥ずかしかったわ。。(@_@。)

Barcelona14
Barcelona15

セビーリャの方が良かったです。。


また夕食が遅くなりました。。
ホテルの近くに、いつも人が並んでいるレストランがあったので、そこに行ってみました。
お値段もリーズナブルで、雰囲気も○。

初めてクスクスを食べてみましたよ。
ずっと食べてみたかったんです。
クスクスって、アフリカのお料理で、ポロポロに細かいちょっと変わったパスタなんです。
スープや、シチューと一緒に食べます。
美味しかったです♪

ちょっと食べ過ぎかなぁ。。


さて明日は、電車でカタルーニャの聖地、モンセラットへ行く予定です。


          昨日は昼間でも道の水が凍ってました!Pome2
Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム