FC2ブログ

世界遺産の街 ポルト その2@Porto

ポルトガルは、ワインの産地としても有名だそうですが、ここポルトの名産は・・・






     Vinho do Porto(ポート・ワイン)

ドウロ川上流は、急斜面に段々畑のブドウ農園が広がっていて、世界遺産になっているそうです。
そこで採れたブドウを使って、ポルトの街で作られたのが、「ポート・ワイン」。
イギリスとの貿易で発展したようです。

ツアーで訪れたのは、ドウロ川から丘へ上がった、高台のワイナリー。

Porto27

W&J Graham's。


Porto8

入口には葡萄棚と、葡萄畑がありました。
少し実が生っていましたよ。


Porto9

ワイナリーの窓からは、葡萄畑の向こうに、航空ショーが見えました。
飛行機が、2本のポールの間を、ものすごい速度で通過して行きます。。


こちらで、まず20分程のヴィデオを見ました。
ちゃんと日本語のヴィデオです。(^_^.)

こちらのワイナリーは、一族で管理経営している老舗だそうです。

昔は、葡萄畑のある上流から、船に樽を乗せて、ドウロ川を下っていたんだとか。。
その小さな帆船が、何とも趣のある映像でした。

葡萄は、人間の足で踏み潰すのが一番良いそうですが、摘み取り作業の後に、長時間の足踏み作業をするのは重労働な為、なかなか労働者を確保するのが難しいそうです。
それで、現在では、機械を導入しています。
人間の足踏みと同じ、微妙な感覚を作り出すのが、大変だったとか。。

     dog 足で踏むのって、衛生的にちょっとやだな。。


Porto10

薄暗い貯蔵庫に、一歩足を踏み入れると、ワインの香りがほのかにしました。

大きな樽と、小さな樽では、ワインの種類が違うそうです。


Porto11

大きな樽には、7,300Lものワインが入っているんですって。。(@_@。


Porto13

こちらで、試飲。
私、飲めないんだけど・・・。(・o・)


Porto14

ホワイト・ルビー・トゥニーの3種類を試飲します。
ポート・ワインも、食前・食後酒の甘口なので、口あたりがとてもいいです。

トゥニ―という、一番濃い色の物は、ものすごく香りが良くて、びっくりしました。
旦那様曰く、「ブランデーみたい。」

葡萄の出来のいい年には、いわゆるヴィンテージ物もあるそうです。
私の生まれた年の、ヴィンテージ物もありました。
ヴィンテージ物は、樽で熟成した後、瓶詰めして寝かせるそうです。

ホワイトを作るようになったのは、まだ最近のことだとか。。

ツアーの皆さん、フル・ボトルで、トゥニ―やルビーを買っていました。
我が家は飲めないし、ハンガリーで買ったトカイ・ワインもあるので、ハーフ・ボトルのルビーを買ってみました。
お値段€8程。。


ポルトガルのツアーは、ゆっくり、のんびり。。
ポート・ワインを買った後、しばらくのんびりとポルトの景色を眺めてから、ホテルへ向かいました。


・・・つづく・・・

                  pome5

Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム