FC2ブログ

Saudade(サウダージ)。。

お久しぶりです。
日本は、20℃を下回る日もあるそうですね。
オランダは、この時期には珍しく、穏やかな日が続いています。

この1週間、最後の夏を求めて、南欧ポルトガルへ行っていました。


コメント下さった方、お返事が遅くなってごめんなさい。。m(__)m






先月の東欧もよかったのですが、何と言っても食べ物の美味しい南欧ですから、どちらかと言うと、ポルトガルの方が楽しみ♪
でも、また胃腸の具合が悪くなったら、せっかくの楽しみが半減してしまうので、出発前はかなり体調に気を付けておりました。(^_^.)

旦那様は、出発日の明け方までお仕事。。
ヨーロッパには、遊びに来ている訳ではないですから、大変です。。


ポルトガルまでは、オランダから飛行機で約3時間。
この時期は飛行機も満席で、結局、当初の予定より1日短い旅行になっちゃいました。。(>_<)

リスボンだけだと、ちょっと飽きてしまいそうだったので、今回はまたツアーに参加して、ポルトガルの地方都市も回って来ましたよ。
旅行会社は、去年スペイン旅行でお世話になった、ミカミ・トラベル。
独自のツアーを設定している会社でなければ、スペイン・ポルトガル方面は、大抵このミカミ・トラベルのツアーを利用する旅行会社が多いようです。

でも、ポルトガル周遊ツアーは、金曜日発。。
我が家は土曜日にリスボン入りだったので、途中参加になってしまいます。
最初「途中参加はだめです」と言われたのですが、去年も利用してるんですが・・・と頼み込んで、なんとか参加できることになりました。(^_^.)

ポルトガルって、イベリア半島の西の端っこで、イギリス同様、時差が1時間あるんです。
同じヨーロッパ大陸なのに、ちょっと不思議。。

到着してから、空港バスに乗ったのですが、降りたかった駅をすっ飛ばしてくれたので、ホテルまでトランクを引っ張ってかなり歩く羽目になりました。。(>_<)
リスボンは、細かいタイルのような石畳の街なので、トランクを転がすのがちょっと大変。。
空港ーホテル間は、タクシーの方が便利でした。

ホテルでは、チェック・インに手間取った上に、鍵を渡されたお部屋がまだ準備中だったとかで、更に待たされ・・・。
やっとお部屋に入ったら、別のお客さんが後から入って来て、ダブル・ブッキング・・・(@_@。
大丈夫なの・・・?
このホテル。。
周遊ツアーの後、またこのホテルに滞在する予定なんだけど。。(-"-)
     ・・・その後、頼んでもいないモーニング・コールで、朝5時半にたたき起こされましたよ。。(-"-)


ポルトガルは、30年ぐらい前までは独裁体制だったそうで、EUには加盟したものの、まだまだ他のEU諸国からは遅れているそうです。
その分物価は安く、食べ物は美味しいし、比較的治安もいいそうで、北ヨーロッパからの観光客に人気なんだそうです。
ドイツ・フランス・スペインからの団体旅行客が、いっぱい来ていましたよ。

日本からは直行便が無く、お隣スペイン程目玉の観光スポットが無いこともあって、他国よりは日本人観光客が少ないそうです。
実際、リスボンでも何組かの日本人を見かけただけで、地方都市では日本人は見かけませんでした。

今回ツアーで一緒になった、日本からの方々は3組8人。
連休前とあって、ご年配の方ばかり。
皆さん、あちこち海外に行かれているそうです。

ツアーはお食事が付いていて、ちょっとがっかり。。
でも、リスボンでは、小さい食堂みたいなお店で、安くて美味しい物をいっぱい食べました♪
1年分ぐらいのイワシの塩焼きを食べたかも。。

味付けはとてもシンプルで、たくさんあるお菓子も素朴な物ばかり。。
日本に伝わったカステラや、金平糖も、元はポルトガルのお菓子でしたね。

遠い西の果てだけど、何となく懐かしい感じがするのは何故なんでしょう?
そんな、サウダージの国ポルトガル、我が家はとっても気に入ってしまいました。

ポルトガル旅行記、ご興味のある方は、どうぞお付き合いください。。(*^_^*)。


                           pome4
Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム