FC2ブログ

ペスト地区@Budapest

バスに乗りながら、ペスト地区のスポットを観て行きました。





Budapest7

英雄広場に建つ、西洋美術館。


Budapest8

お向いの現代美術館。
装飾が綺麗でした。


Budapest9

かわいい動物園。
ものすごく混んでます。

この近くのレストラン、「Gundel」は超高級有名店だそうですよ。


Budapest10

オペラ・ハウス。
ハンガリーからも、有名な音楽家が出ています。
ピアノの「リスト」もハンガリーなんですね!

そういえば、6月にコンセルト・へボーで聞いたのは、ハンガリー出身の「バルトーク・べーラ」でした。
こんなところで繋がったとは、びっくり!

ハンガリーの名前って、日本と同じ「苗字+名前」の順番だそうです。
これもアジアが起源だからでしょうか。。


Budapest12

大きな聖イシュトバーン大聖堂。
入場無料なので、ガイドさんが中を観ましょうと連れて行ってくれたのですが、ちょうど午後のコンサートが始まって、観られず。。残念。。


ブダペストには、ヨーロッパ大陸最古の地下鉄が走っているそうです。
ロンドンに次いで2番目なので、「大陸最古」なんだそうです。

プラハのガイドさんも言っていましたが、どこの都市も「xx初」とか「最古のxx」とつけるのが好きなようです。
世界とかヨーロッパの括りだと難しい時は、「東欧最古」とか、「アルプス山脈より北側で初めて」なんて、キャッチ・フレーズをつけるんだとか。。


ツアーには、別料金でLunchが付きました。
ホテル・ハンガリーという所で、一人€15のコース。
(物価を考えると、高いんじゃないかしら。。)

ハンガリーの通貨は「ft(フォリント)」。
でも、このLunchの支払いは、ユーロでOKとのこと。
今回のブダペスト訪問では、結局両替はしないままでした。。

ハンガリーって、美食の国だそうです。
フォアグラやパプリカ(の粉)も有名なんですって。

東欧に来てから、グラーシュ・スープという、牛肉とお野菜を煮込んだシチューをよく食べました。
プラハやウィーンのグラーシュは、とても濃厚で、必ずパンのお団子みたいなのが付きました。
     ・・・このお団子、どうも美味しくないんです。。
元々は、ハンガリーのスープだそうです。

Lunchにも、グラーシュ(ハンガリー語だとグヤーシュ)・スープが出ました。
これが、さっぱりとして、すっごく美味しかったんです!
このスープには、パプリカの粉が使われていて、ちょっと赤い色をしています。
やっぱり、本場が一番なのかも。。

メインは、シュニッツェル(子牛肉のカツレツ)。

Budapest11

溶かしバターのソースと、色とりどりのパプリカがとっても綺麗♪
味も美味しかったです。

美食の国なんだ♪と喜んだのですが、デザートのチョコレート・ケーキは甘すぎました。。(>_<)

ハンガリー語の「ありがとう」は「Köszönöm(クゥスヌゥン)」。
お店の方に「クゥスヌゥン」と言って、Lunchはおしまい。


プラハ以上に、共産主義の感じが残るブダペスト。
このホテルも、華美な装飾はなく、全体的に古い感じ。
中国のレストランを思い出しました。

街中をバスで巡っていたら、旦那様が窓の外を指して、「わぁ、北朝鮮のバスと同じだ。。」と一言。
何の事かと思ったら、TVの北朝鮮の映像で観たことのある、電気バスでした。

「トローリーバス」というそうで、張り巡らされた架線から電気を取って走るそうです。
旧共産圏では、今も走っているとか。。
かなり古い(というか、ボロボロ)バスでした。

郊外には、共産主義時代の彫刻類を集めた公園もあるそうですよ。
今は面白いで済むけれど、ソ連の旗と兵士の像なんて、身近にあったら、いやだな。。



バスに乗って、ブダ側に向かいます。


・・・つづく・・・           pome5




Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム