FC2ブログ

アジアンなハンガリー人@Budapest

ウィーンからは、プラハへも、ブダペストへも、日帰りツアーが出ていました。
ブダペストまでは、バスで高速を走って、約4時間ほど。







ハンガリーもEUに加盟していますが、ツアー参加には、パスポートを必ず持参するように言われました。
EUの人達は、国の身分証明カードだけでEU内を行き来できますが、私達は滞在許可証だけではだめなんです。

参加者には、いろんな国の方がいました。
ガイドの方は、また英語とスペイン語を駆使していました。すご~い。。

一応、ブダペストでは別途日本語のガイドさんが付くので、日本人の参加者も多いようです。
それで、このガイドさん、独学で日本語を勉強中なんだそうです。
(現在ひらがなを勉強中で、四苦八苦してるそうです。漢字は無理・・・って言ってましたよ(^_^.)。。)
簡単な日本語での説明を、時々挟んでくれました。

お名前がエリザベトだったので、オーストリアの方かと思いきや、ハンガリーの方。
やっぱり、母語の影響か、ちょっと英語の発音に癖がありました。
スペイン語の巻き舌がお上手でした。

ブダペストに着いてからお会いした、日本語のガイドさんは、やっぱりハンガリー人。
勝手に日本人だと思い込んでいたので、ちょっとびっくり。。(^_^.)
バスに乗りながらのガイドで、とっても忙しい説明だったせいか、ちょっと聞き取りにくい日本語でした。
母語の影響も大きいかな。。

     きっと、私のフランス語もこういう感じなんだろうなぁ。。(T_T)

彼女曰く、ハンガリー語は「よっぱらったイギリス人が話すドイツ語」っぽいそうです。
音はあまり綺麗じゃないそうですよ。。
以前は、ロシア語のガイドをしていたんですって。



ドナウの真珠、ブダペスト。
ドナウ川を挟んで、王宮のある方がブダ。
国会議事堂のある方がペスト。

ブダは丘の上に王宮があって、なんだかプラハみたいでした。

ハンガリーはヨーロッパにあって、アジア人が祖先なんですって。
でも私達のアジアじゃなくて、たぶん中近東辺りのアジアではないかと。。トルコとか??
ハンガリーの民族は「マジャール人」。

大きな鳥が、アジアからハンガリーへ、マジャール人を導いたというお話があるそうです。

Budapest1

ブダペストに向かう途中、こんな大きな鳥の像がありました。


Budapest2

王宮にも。。

この鳥の銅像は、昔はハンガリー国内に5体あったそうですが、戦争で領土が分割された為に、現在は3体になってしまったそうです。



Budapest3

英雄広場。


Budapest4

そこにある、7人の英雄の像。
アジアからハンガリー人を導いてきた指導者だそうです。
騎馬民族の感じは、なんだかモンゴルっぽい。。


Budapest5

周りには歴代の王や将軍がいます。
皆それぞれの衣装を着ていて、アジアなんだか、ヨーロッパなんだか・・・??


Budapest6

塔の上には、大天使カブリエル。


ハンガリー人と同じ祖先の国って、フィンランドなんですって!
北欧っていうと、もうバイキングとしか思ってなかったので、びっくりです!


現在、トルコのEU加盟が問題になっています。
フランスのサルコジ大統領が、「西洋に属するのか、中近東に属するのか、微妙だ」と発言していました。
宗教的にムスリムなのと、加盟した場合、EUへの大量の移住が懸念されているんでしょうね。。

ハンガリーの祖先のお話は、遠い昔のこととはいえ、EUの現状と照らし合わせて、興味深く思いました。


・・・つづく・・・    Pome3

Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム