FC2ブログ

プラハの街を巡って その3@Prague

「クレメンティヌム」と似た感じの施設が、左岸にもありました。






Praha23

ストラホフ修道院。

ここも、今は図書館や教会等になっています。
こちらの「哲学の間」と「神学の間」にも、クレメンティヌムのようなフレスコ画の天井と、天井までのたくさんの蔵書が見られます。
雰囲気はクレメンティヌムの方が良かったですが、こちらもこもってみたくなる図書室でした。

いろんな動物や昆虫の標本なんかもあって、ちょっと理科室のような感じもしました(^_^.)。

写真を撮るには、別途お金がいるそうです。


ストラホフ修道院へは、プラハ城を横目に見ながら、左岸の坂道をずっと登って行かなくてはなりません。。
石畳の坂道って、足が疲れますね。。(^_^.)
おまけに暑くて。。

頑張って歩くと・・・

Praha24

プラハ城も臨める、プラハの眺望が広がりますよ♪



さて、また右岸に戻って。。

jumee☆ 徒歩観光の時は、右岸なら右岸、左岸なら左岸と、まとめて観て回る方が無駄が無いです。
トラム・地下鉄の24時間乗り放題チケットがあれば、右岸左岸を行ったり来たりしても、そんなに時間はかかりませんでした。 jumee☆


プラハには、大きなユダヤ人街があります。
ユダヤ人博物館として、いくつかあるシナゴークや、墓地、ホールなんかが集まっています。
貴重な資料もいろいろあるそうで、共通チケットがあるようです。

私達は、「スパニッシュ・シナゴーク」という所で、夜コンサートを観に行きました。

Praha16

何故「スパニッシュ」なのかというと、スペイン南部のアラブ建築の装飾を施しているからだそうです。
去年行ったアルハンブラ宮殿を思い出すなぁ。。(*^_^*)

でも、アラブ風なのね、なんて外観を観て思ってるだけでは、このシナゴークのすごさはわかりません。。
中に入ってびっくり!!

Praha17

すごいです。。
一面、金ピカです。。
赤と金と緑と青と・・・アルハンブラだって、こんなに派手じゃないです。。
おまけに、どの装飾にも、「ユダヤの星」の六芒星のモチーフが入っています。。

ユダヤ人に関する資料も、展示されていました。

教会に来ていつも思うのは、宗教とか経典よりも、それを信じている人々の思いの強さ。。
その思いが、これだけの物を作ってしまうのだから、すごいです。
だからこそ、間違った方向へ行かないでほしいな。。

コンサートは、ユダヤ系アメリカ人の音楽家、バーンシュタインのヒット曲の数々。
やっぱりシナゴークなので、ユダヤ人に縁のあるコンサートを行うようです。
ウェスト・サイド・ストーリーの「マリア」も演奏されましたよ。

不思議な空間で過ごした時間でした。。



・・・つづく・・・     Pome3



Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム