FC2ブログ

プラハ城 その1@Prague

プラハ城は、とても広い敷地内に、聖堂や新・旧王宮、牢獄・小道沿いに建てられた小さな家々、庭園、修道院・・・と、ひとつの街のような作りです。






Prazsky Hrad3
こんにちは。
体調悪し・・・の割にはsmileのへのへのもへ子です。。(^_^.)

大きな彫像が印象的な、正面門。
門の奥にあるのが、新王宮で、現在は大統領府+要人の宿泊施設。

何でも、マリア・テレジア統治時代に、彼女が「近代的なホテルに改装しろ」と命じたそうで、現在に至るそうです。
昔のままのがよかったのでは・・・?
もったいない。。


Prazsky Hrad2

入口の衛兵さん。
絶対動かないし、しゃべらないそうです。
でも、有事の時は、無言のまま相手の足を攻撃するらしい。。
観光客も、あんまりふざけると、痛い目にあうかも・・・?


Prazsky Hrad4

丘の上のプラハ城からは、プラハの街並みが一望できます。

遮るものが無いから、暑い暑い。。(>_<)


Prazsky Hrad5

プラハは、「世界一美しい街」と言われているそうですが、その美しさは、上から見ると納得。


Kathedrala Sv. Vita1

プラハ城にそびえる聖ヴィート大聖堂。
この感じ、ケルン大聖堂によく似てます。
やっぱりゴシック建築。。(でも最初はロマネスク様式だったんですって。。)

10世紀の統治者、聖ヴァーツラフ公の為の建物だそうです。
この人とカレル4世が、プラハのメイン人物らしい。。


Kathedrala Sv. Vita2

大聖堂の中には、ステンドグラスの光が舞っていました。
何度見ても、この光景には感動します。
「神は光」という考え方は、私が唯一理解できる、宗教かも。


Kathedrala Sv. Vita3

祭壇前。

Kathedrala Sv. Vita4

いろんな建築様式が混ざっていて、不思議です。
端っこの彫刻の人は、手がロウソク立てになっていました。


Kathedrala Sv. Vita5

大聖堂の中で、一番古くて、一番大切な部分。
聖ヴァーツラフ公の遺体が安置されたチャペル。
金ピカです。。(修復中でした。)

カレル4世時代からの、聖ヴァーツラフの王冠が保管されているそうです。
権利の無い人が王冠を被ると、1年以内に死に至るんですって・・・(@_@。

ヒトラーの代理人が被ったそうですが、1年経たないうちに暗殺されたとか。。

カレル4世や他の人達のお墓は、地下にあるそうです。


Kathedrala Sv. Vita6

大聖堂内のステンドグラスは、統一された感じではなく、いろんな絵柄・色でした。
こちらは、スヴォリンスキーという人のステンドグラス。
ちょっと赤い色が強かったのと、渦巻きのような模様が苦手。。(>_<)


jumee☆ プラハに来たら、絶対絶対忘れてはいけないのが、アール・ヌーボーで有名なアルフォンス・ミュシャ。

日本人は、大好きですよね。
フランス語の先生(フランス人)曰く、「どこがいいの?日本画の方がずっといいのに。」
まぁ、確かに、人によっては、漫画っぽいって思うかもしれませんね。。(^_^.)

私も、日本でのミュシャの展覧会には、いつも足を運んでいました。
大きな図録も持っています。
堺市には、美術館もあるそうですね。

今回、日本には来ていないミュシャの作品を観るのも、目的の一つでした。 jumee☆


とっても観たかった、聖ヴィート大聖堂の、ミュシャのステンドグラス。

Kathedrala Sv. Vita7

とてもいい色でした。
ガイドさんは、まったくこのステンドグラスには触れず。。
          ・・・あれ?(・o・)

これまで観た人物像のステンドグラスとは、全然雰囲気が違います。
何が違うのかなぁ。。
人物が、単なる絵じゃなくて、感情のある人間って印象だからかな。。


Kathedrala Sv. Vita8

大聖堂の正面壁面には、携わった建築家の彫像もありました。


Kathedrala Sv. Vita9

南側の外壁には、金細工やモザイク画もあって、豪華絢爛。。



プラハ城の見学コースには、ロング・コースとショート・コースがあって、美術館や博物館も見る場合はロング・コース、建物だけでいいならショート・コース。
後で知ったのですが、大聖堂は無料で観られるみたいです。
ガイド・ブックには、別料金と書いてありましたが、特に入口でチェックもしていませんでした。

市内ツアーは、大聖堂だけの見学だったので、別の日に、もう一度ショート・コースで観に行きました。




・・・つづく・・・             Pome2

Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム