FC2ブログ

@Sevilla

セビーリャ観光の最初は、1929年のイベロ・アメリカ博覧会の会場だった「Plaza de Espana(スペイン広場)」です。

半円形の広々とした広場の建物は、今はお役所になっているようです。

Sevilla2
へのへのもへ子さん、再登場。。


Sevilla3
建物の足元は、ぐるりとスペイン各県の特徴や歴史を描いたタイル画で飾られています。
誰もが座ったり、触ったりできるので、しょっちゅう修復しているそうですが、とても色とりどりで綺麗でした。

サンタ・クルス街へ向かっていると、ギターを持った流し?の男性2人が、歌を歌いながらついて来ました。
一定の距離までついて来て終わり・・・だったのですが、やっぱり小銭を要求されちゃいました。
ストリート・ミュージシャンには優しい?旦那様、しっかり€2あげましたよ。。


Sevilla4
旧ユダヤ人街のサンタ・クルス街を歩くと、こんな白壁の可愛い小道やお店がいっぱいあります。
こちらは、セビーリャ焼きの陶器のお店です。
可愛いらしい絵柄の置時計を買いました。

「セビリアの理髪師」だったかな?の主人公が住んでいたという設定のアパートが、このお店のすぐ側でした。


Sevilla5
この辺りの番地は、こんな感じで、通り毎に違うのですが、どこもとっても可愛らしいんです。
CALLEが、通りって意味なんですって。(by旦那様)


セビーリャが誇る、スペイン最大のカテドラルに向かいます。

jumee☆ セビーリャのカテドラルは、元々はやっぱりイスラム寺院だったそうですが、「正気とは思えない!」と言われる程の巨大なカテドラルを作ろうと、作られたそうです。
現存するカテドラルの内、

1位 サン・ピエトロ寺院 (バチカン)
2位 セント・ポール寺院 (ロンドン)

に次ぐ、第3位がこのカテドラルだそうです。
                        ・・・わ~い♪全部行ったよ(*^^)v

でもね、本当は、南アフリカに一番大きなカテドラルができたそうなんですけれど、さすがにバチカンを抜いてはいかんだろう・・・ということで、見ないふりしてるんですって。。 jumee☆


Sevilla6
ヒラルダの塔が見えてきました。
てっぺんには、風見鶏。。


Sevilla7
ズーム・アップ!
普通の風見鶏より、重厚にできていますから、クルクルは回らないそうですが、一応風によって向きが変わるそうです。


Sevilla8
正面入り口には、風見鶏と同じ物がど~んとありました。
大きさも同じなのかな?
こんな大きな物が、のっかてるんだわ。。(@_@。

どこのカテドラルもそうですが、中に入ると、本当にそのすごさに圧倒されます。
こちらのカテドラルは、ゴシック建築。
ゴシック建築って、森のイメージなんですって。
確かに、柱や天井のアーチが、森の木々の中にいる感じにさせます。

ステンドグラスは、聖書の物語を綴る役目もありますが、光を通すことで、神をイメージさせているそうです。


Sevilla9
入口にどど~んと控えているのが、コロンブスの棺です。
ハバナにあった物を、こちらに持って来たそうなのですが、本物かどうか、一応鑑定がなされたそうです。
でも、偽物だった・・・とは言えないですから、一応本物・・・らしい。。
棺を担いでいるのは、スペインの昔の諸国の国王達。


Sevilla10
こちらは、コロンブスの息子のお墓。


Sevilla11
このカテドラルには、名画や素晴らしいステンドグラスがいっぱいあります。
中でも、ヒラルダの塔を描いたこのステンドグラスは、一番セビーリャらしい絵柄だそうです。


Sevilla12
正面に、圧倒的な規模と、存在感を感じさせる、金色の主祭壇。
ちょっと写真が撮れなくて、あまりよくわからないのですが、ものすごい迫力です。
高い位置になるほど、彫刻が小さく見えるので、均等に見えるよう、上位の彫刻ほど、大きく作ってあるそうです。
なんと、この祭壇の費用の出所はユダヤ人。。
迫害されない為にも、裕福なユダヤ人達が出資したそうです。。複雑ですね。。

中を見た後、ヒラルダの塔に登ってみました。
大抵、教会の塔って階段なんですが、この塔はぐるぐる回って上る坂道です。

階段よりは楽だけれど、そこは塔ですから、やっぱりまだ?って思うぐらい上ります。
1周回ると、数字が書いてあるのですが、いくつまであるのかわからないから、はぁっと溜息。
上から下りて来た人が「あと少しよ!」と言ってくれたので、「いくつまであるの?」と聞いたら・・・

今後行く方の為に、それは内緒で。。(^_^.)


Sevilla13
360度のパノラマが見られます!


Sevilla14
闘牛場の本場、セビーリャのマエストランサ闘牛場。

ちょうどこの時期、どこへ行っても、遠足?の子供達の団体に会いました。
この塔でも子供達がわいわい上っていたのですが、私達を見て、「こんにちは」と両手を合わせてお辞儀してくれて、びっくり。。
「こんにちは」と返したら、とっても嬉しそうでした♪
私達も嬉しかったよん。。


お昼は、パエリヤ。
お店はたぶん、San Marcoというレストランだったんじゃないかと思います。
とても美味しかったです。(量が多かったけれど。。)
デザートの、シュークリームのチョコレート・ソースも美味でした♪

食後は2時間の自由時間。


Sevilla15
アンダルシア地方の並木は、どこもオレンジの木。
ちょうどオレンジが色づき始めて、とても美味しそう。。
花が咲いている頃は、とても良い香りだそうです。

でも、街路樹のオレンジは美味しくないんですって。
マーマレードぐらいにしかできないとか。。
たまぁに美味しい木もあるそうですが、そういう木は内緒なので、やっぱり食べてみないとわかんないんだそうです。


せっかくなので、アルハンブラ宮殿に摸して作られた「Real Alcazar」を観ることにしました。


Sevilla16
モザイクが美しい。


Sevilla17
アルハンブラより明るくて、壁の装飾がよく見えます。
全体的にアルハンブラより小規模ですが、やはり構造は同じ。。

Sevilla18



セビーリャを観た後は、夜19時のFlightでバルセロナへ飛びます。

飛行機は、格安航空Vueling Airlines。
つい最近、事故ってた記憶が。。(@_@。

さすがに、格安・・・バルセロナ到着前はものすごく揺れて、がが~んと着陸したので、すっごく怖かったです。。


いよいよバルセロナ。。

     危ないぞぉ!!(@_@。

空港に出迎えてくれたガイドさんから、まず安全に気を付けて・・・とのお話もありました。

ツアーも残すところあと1日。
かなり皆様お疲れです。

Sants駅側のホテルだったので、夕食はSants駅構内のマクドナルドで。。
旦那様、ハンバーガー1個無料!のくじを当てて、大喜び。。(*^_^*)

なんかね、オランダのマックより、注文しやすかったです。
だって、メニューをそのまま読めば通じるんだもん。。


明日はサグラダ・ファミリアを観ます。


     Sants駅は大きいけれど、周りにはお店とか何もなくて、ちょっと不便。。 Pome2

NoTitle

いきなりギター流しの人たちに狙われちゃったんですね(^^;)
でも旦那さま、優しいですね。私なら走って逃げるかも(笑)

ゴシック建築、ものすごく緻密なのにいつも驚くばかりなんですけど、森のイメージだなんて知りませんでした。
ステンドグラスの光も、神を意識かぁ、なるほどー。

階段じゃなくて坂路になってる教会の塔だなんて、かなり珍しそうですね。そのほうが少しは楽なイメージもしますが。
でもどちらにしても私はあの独特の狭い中をくるくるまわっていくのが苦手です(^^;) 気分が悪くなっちゃいそうになるのです。

こんにちは、と両手を合わせてお辞儀だなんて、タイと日本のあいさつが混ざっちゃったようで、なんか微笑ましいですネ(*^^*)

みくにゃんさんへ

流しの人達、びっくりしましたよ。どこまでついて来るんだろう。。って(^_^.)。

今回はガイドさん付きのツアーだったので、いろんなお話が聞けて、とても面白かったです。
宗教関係って、よくわからない部分が多いですものね。。

坂道の塔も、ロバが引く馬車が上れるようにという説もあるそうです。
くるくる回って上るのって、ホント気持ち悪くなっちゃいますよね。

セビーリャの子供達、とっても可愛かったです♪

Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム