FC2ブログ

週末に感じたこと2

日曜日、久しぶりに映画を観に行きました。

何を観るか決めずに出かけたのですが、以前メイキングを観て、観たいなと思っていた映画がプレミア上映しており、時間がちょうど合ったので、観ることにしました。

     「Changeling(チェンジリング)」 
     クリント・イーストウッド監督 アンジェーリーナ・ジョリー主演


シングル・マザーの女性が、ある日急に入った仕事の為、息子を一人家に残して出かけます。
帰って来ると、息子は行方が分からなくなっており、捜索が始まります。
5か月後、警察が息子だと連れて来た男の子は、自分の子ではないのですが、警察は取り合いません。
挙句の果てに、精神異常とされてしまいます。
彼女の組織・権力との戦い、それと並行して明らかになる、ショッキングな事件。。

1928年LAでの実話を元にしたこのお話は、目を覆いたくなるようなシーンも多く、オランダでは16歳未満は禁止になっていました。

全編に、息子を探す母の苦悩と、強さが溢れていました。

彼女が口にする「Hope]。
その希望だけを頼りに、息子を探し続ける母の気持ちは、痛いほど胸に沁みました。

そうして、同じ様に、希望だけを頼りに、我が子を探して、もっと大きな権力・・・不透明な国家に挑んでいる、日本人のご家族のことを思い出しました。

本当に母と言う存在は、強いです。。
私はずっと強い人間になりたい・・・と思って生きてきました。
その強さとは、母になってこそ得られる物なのかもしれません。


人生って、いろんな選択肢があって、それをひとつずつ自分で選択していくことの繰り返しですね。
何を選択しても、きっと自分が学ばなければならない課題が、そこにはあるんだと思います。
虐殺を経験した人々、子供を探し続ける母、辛い課題を選択した人々に、頭が下がります。

     私の今の課題は何だろう。。
     
ふと、そんなことを考えた週末でした。


P.S. お母さん、もしこの映画観たら、パンフレット買っておいてくれますか?解説を読んでみたいのです。お薦めです。


       皆が暖かい気持ちで、クリスマスを迎えられるといいね。 Pome2


次回はスペイン旅行記の続きです。
えっと・・・どこまで行ったっけ・・・?

NoTitle

今その映画が上映されてるんですね。見たいなぁ。
寒いから今のところ見に行く気力がなくて(^^;)
こちらの映画館ってまだ行ったことないんですけど、字幕ってやっぱりオランダ語なんですかね!?

アンジェリーナジョリーは、数年前に、旦那さんがテロリストに誘拐された妊婦さんの役も演じてましたよね。映画のタイトルは忘れましたが実話を元にした映画でした。そういう意味では、この新作映画も共通点多そうですね。
アンジェリーナジョリー、けっこう好きです。やることはかなり奇抜らしいけど、信念のあるその生きざまに惚れます!
しばらく映画界から距離をおくつもりらしいですけど、本当なんでしょうか。

このブルーのテンプレ、とっても素敵です(^^)

みくにゃんさんへ

コメント、ありがとうございます(*^_^*)。

ちょっとクリスマスっぽく飾ってみました。

アンジェリーナ・ジョリーの妊婦さんの役、たぶん私が観たいなと思っていたのだと思います!そういえば観てない!
最近双子ちゃんを産んで、6人のママになったそうですね。
映画界から離れるのもその為とか。。
若い時はかなり危ない感じでしたけれど、最近は社会派?的な部分がクローズ・アップされてますよね。
ママになって、ますます強いイメージがぴったりになったような。。
ブラピより強いのかなぁ。。なんて。。(^_^.)

こちらの映画、オランダ語字幕です。
オランダ語わかんないのに、何故か字幕って見ちゃうんです。。
この映画は、笑える内容ではないのですが、時々笑っている人がいて「え?ここ笑うとこ?(@_@。」と思うことが何度かありました。

Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム