FC2ブログ

La Alhambra

jumee☆ イスラム建築の傑作であるアルハンブラ宮殿は、アラビア語で「カラット・アル・ハムラ(赤い城)」という名前だそうです。
キリスト教徒に明け渡されてから、荒廃の一途だったそうですが、19世紀の小説「アルハンブラ物語」で再び注目されるようになったとか。。 jumee☆

パラドールから歩いて5分、まず観たのはカルロス5世宮殿。
ここはイスラム建築ではないのですが、1階が博物館になっているそうです。
そこに飾られていた、ライオン宮の獅子のパティオにある、水時計の噴水(修復中)を背負うライオン。

Alhambra1
えっと・・・これはニャンコ?
この、ニャンコ改めライオンが12頭、ぐるりと噴水の足元に飾られているそうです。
どう見ても、ニャンコだと思うの。。


宮殿入口。
Alhambra2
ものすごい装飾に、びっくりです。


Alhambra3
メスアール宮。


Alhambra6
内部です。
基本的に、天窓の太陽光だけなので、写真に撮るととっても暗い感じになっちゃいます。


Alhambra4
                ↑  
壁の装飾は、こんな感じで、コーランが刻まれたカリグラフィー(装飾文字)、植物文様、幾何学文様でびっしりと飾られています。    
この「W」にちょっとしっぽが生えたような文字が、イスラム教の唯一神アッラーを表すそうで、至る所にアッラー印が見られました。


Alhambra5
ここにもアッラー印。。

イスラム教では、神の言葉に形を与えた物が、このカリグラフィーだそうで、キリスト教のような偶像崇拝はしないそうです。

それにしてもすごいです。壁一面がこの装飾で埋め尽くされていました。
天井は木組みの装飾です。(暗くて、写真がうまく撮れませんでした。)


Alhambra7
アラヤネスの中庭。
水面が鏡のようになって、コマレスの塔を映しています。
(お天気がよかったので、とっても綺麗に映っていました。)

     白猫 なんだか、インドのタージマハールみたい。。

・・・と私がつぶやいたら、ガイドさんが「タージマハールは、これを真似て作ったんですよ。」とのこと。
なんと、こちらがオリジナルなんですって!
さすが、アルハンブラ宮殿!


Alhambra9
さて、こちらがライオン宮の獅子のパティオ。
前述のニャンコの(ライオンだってば!)噴水は、真ん中の囲われた所にあったそうです。(修復中。)


Alhambra8
この宮殿の壁の装飾は、こんな感じ。


Alhambra10
獅子のパティオに面した、二姉妹の間。
部屋全体が鍾乳石のような飾りで、ものすごく綺麗です。
(う~ん。。写真だとよくわからないですね(>_<)。。)


Alhambra11
天井は星型。
このお部屋は、もう溜息しか出ません。。


Alhambra12
ここもお部屋のひとつ。
壁の装飾が綺麗でした。
やっぱり、ひんやりした造りで、どこも噴水や水路で水を流していたそうです。


Alhambra13
ここは、昔のお風呂。
いつもは公開してない場所だそうで、観られてLuckyでした。

他にもお風呂(サウナ)があったのですが、丸くて黒い屋根がいっぱいあって、面白かったです。



夏の離宮ヘネラリフェへ向かいます。

この日はお天気はよかったのですが、高台ということもあり、結構寒かったです。
宮殿の中は広いので、いっぱい歩きます。


歩いている途中にあった、建物。
Alhambra14
「アルハンブラ物語」に出て来る二人の王女が住んでいた場所で、一人はお嫁に行ったそうなのですが、行かなかったもう一人が、今も住んでいるんですって。。

jumee☆ 中世の時代、女性は貢物という認識だったそうで、この宮殿にもお土産物として献上された女性が、たくさんいたそうです。
ウーマン・リブや、男女平等を唱えた女性の方々は、そんな虐げられた昔の女性達の生まれ変わりなのかも。。 jumee☆


Alhambra15
宮殿内は、緑がいっぱい。


Alhambra16
昨夜泊った、パラドール。
昨日とは反対側から見ると、こんな感じ。


ヘネラリフェは、夏の宮殿だけあって、噴水や水路で、とっても涼しげにできていて、「水の宮殿」と呼ばれているそうなのですが、この日は水道工事中?で、いっさいお水が出ておらず、全然雰囲気ありませんでした。。
ガイドさんも、「あら~。。これじゃぁ、雰囲気台無しですね。。」と言っていました。
・・・残念。。

Alhambra17
天窓が、青空を透かしてとても綺麗だったので。。


ヘネラリフェから戻る道すがら、旦那様がスペイン人のガイドさんとスペイン語でお話。
スペイン人のガイドさんは、日本語の勉強中だそうです。

私達がオランダから来たと知ったガイドさん。

     ウサギ オランダ・・・嫌い。美味しい物無いし、つまらない。ベルギーは最高♪

・・・とばっさり・・・。(^_^.)

やっぱり、ヨーロッパの中では、オランダの好感度は低いのかしらん。。

お土産物屋さんに、「アルハンブラ物語」の日本語版もありました。
日本に帰ったら、買ってみようかな。


アルハンブラ宮殿、名残惜しいのですが、ここでおしまい。
これからMijas(ミハス)に寄って、Sevilla(セビージャ)に向かいます。


  宮殿みたいに大きなお家だったら、迷子になっちゃうよ。。  Pome2

アルハンブラ行きました~

すごいモザイクですよね、
アルハンブラって!

私が行った頃は獅子の像は
工事中で見れませんでした…とほほ

miffyさんへ

コメント、ありがとうございます(*^_^*)。

すごい装飾で、びっくりしました!
溜息ばかりで、言葉が無かったです。

歴史ある建物って、あちこち修復中だったりするので、ホント、観られたらラッキーって言うところありますよね。

うわぁ~

アラヤネスの中庭の写真、すっごく綺麗です。溜息ものです。
本物の鏡みたい・・・。
確かに雰囲気、タージマハルに似てますね。でもタージマハルよりきれいかも。少なくとも写真うつりは絶対タージマハルよりいいいはずです!

ニャンコみたいなライオン、なんかかわいいですねv-284

みくにゃんさんへ

タージマハールって、とっても綺麗ってイメージなんですが、そうでもないんですか?
本当は対になっていて、黒いタージマハールも建てる予定だったと聞きました。
観てみたいです!

ライオンっていうから、もっとごつい感じを想像してたのに、あれれ?って感じで。。
ニャンコはニャンコでかわいいんですけれどね(*^_^*)。

No title

あっ、タージマハールもすっごく綺麗だと思います(汗)。行ったことはありませんが(^^;)
でもテレビやなんかでみると、とっても広い感じなので写真にうまく全部入らないんじゃないかなーと思いまして。
そんな意味で、写真うつりはこちらのほうがいいのかなって思った次第です。ってか最初からそこまで書いておくべきでした私i-179
でも本当はMakiさんの写真の撮り方がとってもお上手なだけなのかも!v-290
本当、何度見ても地面に鏡があるみたい・・・。

みくにゃんさんへ

説明して下さって、ありがとうございます(*^_^*)。
確かに、大きいですものね。タージマハール。。

私写真上手じゃないんですよぉ。。(^_^.)
きっとお天気がとってもよかったからだと思います♪
鏡のようになるように、地面ぎりぎりまでお水を張っているそうです。
Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム