FC2ブログ

Parador de Granada@Granada

jumee☆ スペインには、中世の宮殿や修道院等、歴史ある建物を利用した国営のホテルがあって、Parador(パラドール)と言います。
全部で91のパラドールがあり、どこも絶好のロケーションだそうです。
(・・・ということは、ちょっとアクセスが大変ということなのですが。。)

人気のパラドールはいくつかあるそうなのですが、今回泊まったParador de Granadaが人気なのは、アルハンブラ宮殿の敷地内にあるからなんです。
元は修道院だそうですが、そこは5つ星ホテル、ホテルの設備は超近代的でした。

改装を終えたばかりで予約が取りづらいとのことで、私達が申し込んだ時には、旅行会社の確保分はもう無く、もしかしたら取れないかもしれませんと言われました。
そこをなんとか、バスタブ付きでお願いしますと頼み込み、実現したという訳です♪
(お部屋によっては、シャワーのみとなるそうです。)

さすが5つ星だけあって、お値段も素晴らしいです。。

今回のツアー、パラドール・アップ・グレードには追加料金が€200/人かかるのですが、スタンダード・コースからのアップ・グレードは不可で、パラドールに泊まりたければ、ツアー自体をスーペリア・コースにしなくてはなりませんでした(T_T)。。

個人で泊まる場合、Parador de Granadaは1泊€310.30(スタンダード・ダブル)~、夕食€32.45、朝食€15.75となり、年間を通して同じ金額です。(2008年料金)
(・・・ということは、ツアーもあまり変わらないってことかな。。)

他のパラドールは、春~秋と冬でお値段が変わります。
€100以下のパラドールもあるので、季節によってはお得かもしれません。

Paradores de Turismo

秋・冬はスペイン旅行のシーズンだそうなので、行かれる方はお早目に手配された方がよいです。。
日本の総代理店は 「イベロ・ジャパン」。
我が家はスペイン旅行についての問い合わせをしたのですが、とても丁寧に対応して下さいました。
(こちらは円決済だけなので、ご注意下さいね。) jumee☆


・・・と、前置きが長くなりました。

コルドバからグラナダに向かうと、前方に、雪を頂いたシエラ・ネバダ山脈が見えてきます。
左右は、オリーブ畑とひまわり畑。(ひまわりは5・6月がシーズンだそうです。)

アンダルシア地方は地中海性気候で温暖ですが、この山脈では冬場スキーができるそうです。
この雪解け水のお陰で、グラナダには緑が多いとか。。
なんとなくホテルのお水も柔らかい気がしました。

アメリカ大陸のネバダ山脈は、ここから名付けられたそうです。

グラナダ市内で、パラドール組はミニバスに乗り換え、丘の上のLa Alhambra(アルハンブラ宮殿)へ。
高台なので、市内より気温が2~3℃低いです。

着いた時は、ちょうど日暮れで、美しい夕日に彩られていました。

お待たせしました。
Parador de Granadaです。


Parador1
えっ?地味ですか?
だって、元修道院だし。。
シクラメンが色とりどりに植えられていました。


Parador2
レストランとカフェです。
宿泊客以外でも利用できます。
でも、入口が別なので、ホテルの中は見られないそうです。


Parador3
レストランとカフェのテラスから見える、夏の離宮「Genralife(ヘネラリフェ)」
夕日に染まって、とても綺麗でした♪

jumee☆ スペイン語もGとJの発音はハ行なんですって。でもオランダ語みたいに喉は使いませんが。。jumee☆


Parador6
イスラム式噴水や水路がある中庭です。
昼間の写真が撮れず・・・残念。。
この中庭に面したお部屋は、2階部分になります。


Parador5
中庭1階に面した、共用スペース。
アラブっぽくて、とても素敵です♪


Parador4
私達が泊まったお部屋です。
広さは普通ですが、改装されたばかりでとても綺麗でした。
ヨーロッパには珍しい、「スリッパ」完備!
キャンディなんかも、置いてあります。

バス・ルームもそれ程広くはないけれど、タオルがふかふかでびっくりしました。


jumee☆ 元中世の修道院ですから、とっても古いこのホテル。
やっぱり・・・出るんですって・・・(@_@。

行く前にその情報をGetしてしまった私。。
どうか、そのお部屋には当たりませんように・・・と祈っておりました。
案内された時、お部屋の番号が、そのお部屋と似た番号だったので、ものすごく焦りました。。

翌日、ガイドさんからもお話があり、「皆さんのお部屋は大丈夫でしたから、安心して下さいね」とのことでした。。

そんなお部屋は嫌!という方、そのお部屋がいい!という方、パラドールで検索すると、わかります。。念のため。。jumee☆



夕食は、こちらのレストランで、パラドール組(4組)で一緒に頂きました。
普段、日本人の方と交流のない私。
久しぶりに、日本語でのおしゃべりで、ちょっとドキドキ。。

メニューは

前菜・・・大量のサラダ (ツアーの食事の前菜は、全てサラダでした。そして必ず生の玉ねぎが載っています。。生です!さらしてません!)

メイン・・・魚介のグリル (かかっていたソースが美味でした。でも多すぎて食べ切れず。。)

デザート・・・チョコ・チーズ・パッションフルーツの3段重ねのケーキに、ラズベリーのソース。

お魚の後、てっきりお肉が来るものと思っていたので、デザートが来て拍子ぬけ。
若い方はちょっと物足りなかったみたい。

お味は・・・5つ星にしてはいまひとつ。。

レストランだけに来ている方もいて、9時頃にはかなりいっぱいになってました。
ギターの生演奏もありましたよ。


翌朝の朝食もこちらのレストラン。

     dog 「ソーセージがすっごく美味しい!」

そうです。

スペインで意外だったのは、コーヒーがとても美味しかったことです。
紅茶好きな私ですが、滞在中ずっとミルク入りコーヒー Cafe con Lecheを飲んでいました。


Parador7


中庭を眺めながら、ゆっくり朝食を取りたかったのに、集合時間は8時半。
レストランの朝食は8時からだったので、もうすっごいバタバタでした。。。(T_T)

パラドールの余韻も空しく、La Alhambra(アルハンブラ宮殿)見学に向かいます。


   朝晩はやっぱり寒かったよ。Pome2

No title

そうそう、このアルハンブラ宮殿の中で結婚式をしたんですよ。きれいなところですよね。お花もいっぱいで。かなり良かったです。
アルハンブラ宮殿の中はは昼間見るのと、夜、ライトアップしているときでは全く違う雰囲気ですよね。もう一度いきたいなあ。

yuminyagoさんへ

すごいですね~!!
パラドールで結婚式を挙げられたんですか?
それは、とても良い思い出ですね。

中に入ったら超近代的だったので、ちょっとびっくりしましたが、やっぱり雰囲気は抜群でした(*^_^*)。

yuminyagoさん、sweet ten記念に、再訪問なんてどうでしょうか?

No title

夕日に染まった夏の離宮、なんかロマンチックですね~。
5つ星ホテルなのにバスタブがない部屋もあるなんて・・・。
でもバスタブつきが取れて良かったですね。一日の旅の疲れをお風呂でとれないなんて、日本人としてはありえませんものね。
スリッパ付きは優秀です。
このホテル、出るんですか!?
でもさすが日本の旅行会社、そんなところもちゃんとチェックしておさえてあるんですねー。

No title

スペイン良さそうですね~。
前の記事のチュロスとチョコ!マドリッドに行く機会があったら是非試したいです~~~。

そしてコルドバのMezquita、
「モスクからキリスト教のカテドラルに」二つの宗教が合わさった建物、とても興味深いです!

こちらの元修道院だったというホテルも素敵ですね。せっかくの朝食があわただしかったのは残念ですが・・・・。

みくにゃんさんへ

コメント、ありがとうございます(*^_^*)。

やっぱりバスタブは必須ですよね。。
おうちでゆったり入りたいんですけれど。。

「出る」情報は、インターネット時代になってから、知られるようになったそうです。
知らない方がいいですから、ガイドさんも後からお話したんでしょうね(^_^.)。

tulpさんへ

コメント、ありがとうございます(*^_^*)。

スペイン、本当によかったです。
私のお薦めNo.1は、やっぱりチョコ・チュロです!!(^_^.)

日本のツアーは本当に慌ただしくて、朝起きなくっちゃって、なんかゆっくり寝られなかったです。。
日本からいらしていた他の方々も、かなりお疲れだったようです。
Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム