FC2ブログ

Mr. Paul Harvey

先日、Caféで手に取った雑誌「Time」。

その中の訃報のページに、聞き覚えのある名前が。。

     Paul Harvey




日本の英語学習者なら、きっと聞いたことのある「AFN - American Forces Network - (旧FEN)」。
海外駐留のアメリカ軍向けのラジオ放送です。

この放送の中で、毎日流れる10分から15分程度のニュース番組がありました。
確か、各新聞の記事を取り上げていたと記憶しています。

そして、最後には必ず

     Paul Harvey. Good day !

の〆言葉。

彼の独特の声と節回しは、聞くとすぐわかりました。


そのポール・ハービー氏が、今年の2月28日に、90歳で亡くなられたそうなんです。

「Time」の記事を読んだ瞬間、あの声が甦って来ました。
ずっと声だけしか知らなかったけれど、載っていた写真で、初めてお顔もわかりました。

アメリカでは本当に有名な方で、ブッシュ大統領夫妻も、彼の訃報にメッセージを出し、AFNでは追悼番組も放送されたとか。。

記事によると、ベトナム戦争時に当時の大統領Nixonに宛て

     "Mr.President. I love you, but your're wrong."
     (大統領、私はあなたが大好きだけれど、あなたは間違っている。)

とコメントしたんだそうです。
こういうところも、人々に好かれる理由なんでしょうね。

死ぬ前の週まで、ニュースを読んでいたそうで、私が驚いたぐらいだから、きっとたくさんのアメリカの人達が、彼の訃報に驚いたことでしょう。
考えたら、ちょうど日本に帰国していた時期だったので、このニュースを全然知らずにいたようです。
オランダにいたら、きっとCNNで見たんじゃないかしら。。

私の英語は、海外の学校で勉強した訳ではないので、ちっともAcademicなものではありません。
そんな私にとって、日本で触れられるFENの生の英語は、とても身近なものでした。
そんな英語の思い出と、ポール・ハービー氏の訃報で、ちょっとしんみりしてしまいました。

ハービーさんのご冥福をお祈りします。


今はフランス語の勉強ばかりしているけれど、私のフランス語は、英語の上に成り立っているものだから、どちらの言語もとても大切です。
最近、フランス語に押されて、英語がたどたどしくなって来ているのが、ちょっと・・・ね。。(^_^.)
                               
                ・・・あ、元々たどたどしいって・・・?(-"-)


海外に出なくても、語学は十分勉強できるんじゃないかな。語学を勉強中の皆、一緒に頑張ろうね! pome1


Secre

Les paroles d'or



presented by 地球の名言

chez maki

chezmaki

Author:chezmaki
進むべき道へ、自ずと導かれますように。。

twitter

votre langue

英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

検索フォーム